CUCURU(ククル) > グルメ > タッカルビはアルミ箔で仕切って!大人気「韓国グルメ」3種をおいしく作るコツ

タッカルビはアルミ箔で仕切って!大人気「韓国グルメ」3種をおいしく作るコツ

画像:野村純子

たっぷりチーズにピリ辛チキンなど、話題の“韓国グルメ”は自宅でも意外と簡単に作れるのをご存知ですか?

今回は“パネチキン”、“ブルダック炒め麺”、“チーズタッカルビ”をおいしく作るコツをご紹介します! 作るときのちょっとしたお悩み解決策も一緒にお伝えします。

■チーズが流れる「パネチキン」

画像:野村純子

韓国語でパネと呼ぶ“バゲットパン”と、トマトソースと唐揚げさえあれば作れます。

画像:野村純子

丸型のバゲットについては、コンビニやスーパーによくあるチーズフランスパンなどが相性◎。

一番の難点は、溶けるチーズだけを加熱しても、すぐ固まってしまうこと。そんなときは、市販の“ホワイトソース”になるべくたくさんのシュレッド(刻み)チーズを小鍋で溶かし、固いと感じたら牛乳を加えて調整します。

なめらかになったらバゲットの上から注ぎましょう。いつまでも混ぜながら加熱していると、チーズによっては油分が分離することもあるので、ここは手早く! チーズもチキンも冷めるとイマイチなので、アツアツの鉄板でいただきます。

 

■激辛党にじわじわ人気『ブルダック炒め麺』

画像:野村純子

韓国産の即席袋麺で、辛さ2倍からノーマルまで数種類あります。ネットで購入する人が多いそうですが、「某本屋に置いてあった」との情報が出ると即売り切れてしまう人気ぶり。

ちなみに筆者は『こととや イオンモール長久手店』で、1袋260円程度で購入しました。

画像:野村純子

熱湯でゆでた後、大半の湯を捨て、ソースを混ぜながら炒めているともう辛い香り。少し残したゆで汁がソースとなってからむため、日本のカップ焼きそばのように完璧に湯きりしないのがポイントです。

画像:野村純子

画像処理しなくてもこの赤さ! 自信のない方はソースの量を加減したり、チーズを加えたりしてチャレンジしてくださいね。

 

■みんなで囲める「チーズタッカルビ」

画像:野村純子

ピリ辛味の鶏カルビ、野菜、トッポギ(餅)で土手を作り、間にチーズを配置して炒めながらいただきます。子どもと一緒にシェアする場合、辛くない食材を並べていてもチーズが溶けだすと“もんじゃ焼き状態”になってすべて辛くなるのが少々悩みの種……。

そんなときは、100均にもある“焦げ付きを防ぐアルミ箔”や、朝食やお弁当の準備に便利な“仕切りのあるフライパン”を活用するのがおすすめ。

画像:野村純子

最終的にチーズに辛味が混ざるまでには、低年齢の子どもたちもお腹いっぱい食べられることでしょう。

 

いかがですか?

人気の韓国グルメ、盛り上がること間違いナシなので、ぜひご家庭でアレンジしつつ作ってみてくださいね。

【おすすめ記事】

フルーツ屋さんのお得な果物モーニング!

名古屋パルコに宝石のようなスイーツ店OPEN

専門店でいただくムレスナティー。

懐かしおやつ「五平餅&芋けんぴ」レシピ(PR)

【画像】
※ 野村純子

※ 記事の情報は公開日時点のものです。