CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 苔ガール急増中!? 名古屋・名東区『凛華』で苔玉づくりにチャレンジ

苔ガール急増中!? 名古屋・名東区『凛華』で苔玉づくりにチャレンジ

画像:大橋麻美子

観葉植物を飾ったり、花を生けたり……暮らしの中に植物を取り入れる生活“ボタニカルライフ”を楽しむ人が多くなっている昨今。なかでも、“苔”に魅了される方がとっても多いとか。

名古屋市名東区にあるお花屋さん『凛華(りんか)』では、苔をおしゃれに楽しむことができる“苔玉”が作れるとのこと! 筆者も早速体験してみました。

■苔好きオーナーのショップ

画像:大橋麻美子

『凛華』の女性オーナーさんは、大の苔好きなんだとか。道に生えている苔を見ても「かわいいっ!」と思ってしまうんだそう。

そんな苔の魅力をもっと伝えたい!と、8年前にお店をオープンしました。

お店の中は、湿度たっぷりのハウスのようで、ポトスやテーブルヤシ、コウモリランなどなど……さまざま植物がずらり。見ているだけでも楽しい空間です。

 

■苔玉作りを体験!

凛華では、苔の魅力をたくさんの方に伝えるため、『苔玉教室』を定期開催。筆者も早速苔玉作りに挑戦してみました!

(1)使用する植物を選ぶ

画像:大橋麻美子

まずは、苔玉の上に植える植物を選びます。オーナーさんが、室内外の植物をひとつずつ丁寧に紹介してくれますよ。

店内には美しい花が咲く植物も多数用意されていますが、「せっかく苔玉にしてもらうのだから、長く楽しんでもらえるものを」と、しっかり育てることで次の年も花が咲く多年草の植物が並んでいます。オーナーさんのこだわりが伝わってくるようですね。

迷うほどどれもかわいらしい苗木ばかりでしたが、筆者は今回、葉が上り竜のように斜めに伸びている“雲竜ツゲ”と、鮮やかな“シクラメン”を選びました。

(2)選んだ植物の土に苔をつける

画像:大橋麻美子

さぁ苗を選んだら、いよいよ、苔玉を製作します。

苔玉を作るときは、苗の土を払い、“ケト土”(粘土のような土)に付け替えて、その上から苔をつける、という方法が主流とのこと。

しかしこの方法だと、植物によっては、根に触らない方が良い時期があったり、周りの土を全て取り除くことでダメージを受けてしまったりすることがあるため、凛華では、土を根から取り除くことなく使います。

画像:大橋麻美子

苔は、今回“シノブ苔”を使用。日陰の湿った地上に横に這って育つタイプの苔なのだそう。色合いが美しくよく育ちやすいことから、苔玉によく使われています。

凛華では、岐阜の白川・郡上の山で作られた苔を生産者から直接仕入れています。シノブ苔以外に、“ハイ苔”と呼ばれる苔を使用することも。

苗の土部分を丸くおにぎりのようにぎゅっぎゅっと固めて、そこに、苔を付けていきます。

(3)糸で巻いて固定

苔を付けたら、糸をくるくると巻いて固定します。ここでしっかり苔と土を付けるのがポイント。浮いてしまうと、そのあと着生しないので、しっかり丸く固めていきます。

画像:大橋麻美子

これでほとんど完成ですが、最後にバケツに水を張り、苔玉全体をその中に浸けます。苔玉が乾いていると空気の泡が出てくるので、泡が出なくなるまでしっかり水を含ませます。

苔玉をバケツから持ち上げたら、水をしっかり切って、お皿に飾っておきます。

苔玉は、水たまりがあると枯れやすくなるので、フラットなお皿を使うのがベストなんだとか。

画像:大橋麻美子

作ること自体はそんなに難しくないため、子どもからシニアまで、幅広い世代の方が教室に訪れるそう。筆者の息子(小学生)も今回、苔玉作りを体験しましたが、夢中になって作っていました。最近は男性の参加者も増えているそうです。

 

■苔玉ができあがったら、大事に育てよう

苔の育成には、“光・水・風”の3つが大切。

夏場は特に、部屋を締め切っていたり風通しが悪かったりすると、植物は枯れやすくなります。外出するときは、1~2時間でも風と光をしっかりあてるようにしましょうね。

水をあげるときは、霧吹きだと中までしっかり水が染み込みにくいので、ドボンと水に浸けちゃいましょう。苔玉を触ってみて、表面がぱさついていたら水分をたっぷり与える。これが苔玉を長持ちさせる秘訣だそうです。

冬は4~5日に一度。夏場は2~3日に一度、水をあげましょう。ただし、室内の場合はエアコンの風などで乾燥しやすいこともあるので、やはり定期的に苔玉を触って、乾燥しているかどうかを確認するのがおすすめです。

 

画像:大橋麻美子

凛華では苔玉以外にも、瓶の中でジオラマのように苔の世界をつくる“苔テラリウム”も人気とのこと。こちらも体験教室で作ることができますよ。

観ているだけで、ほっと癒されるような“苔”。そんな苔の魅力を、みなさんも感じてみませんか?

<店舗情報>
凛華(りんか)
住所:愛知県名古屋市名東区高間町469 宮原ビル1F
電話番号:052-770-2758
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日

苔玉(こけだま)教室
開催日:火曜日10:00~12:00 土・日曜日10:00~12:00(レッスン時間は約60分)
料金:苗代(400円~2000円くらい)+苔代(500円~)+レッスン代500円

【おすすめ記事】

あの『ミールカフェ』が移転OPEN!

大須で見つけた!絶品肉グルメ18選

八百屋さんの大人気フルーツサンド

「花粉症の仕組みと対策」とは?(AD)

【画像】
※ 大橋麻美子

※ この記事は、公開日時点の情報です。