CUCURU(ククル) > グルメ > レトロな商店街でスイーツを!名古屋・円頓寺周辺の「人気スイーツ」9選

レトロな商店街でスイーツを!名古屋・円頓寺周辺の「人気スイーツ」9選

円頓寺スイーツ9選

画像:CUCURU編集部

甘くておいしい“スイーツ”。おでかけしたついでに食べるという方も多いのではないでしょうか?

そこで注目したいのが、西区にある『円頓寺商店街』。レトロで風情あふれるこの商店街、実はおいしいスイーツの激戦区なんです!

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介した“円頓寺で人気のスイーツ”をピックアップしてご紹介します。

■1:シャンドゥリエ

フランス焼菓子CHANDELIER(シャンドゥリエ)

画像:川口めぐみ

名古屋・円頓寺商店街からすぐの『フランス焼菓子CHANDELIER(シャンドゥリエ)』。

本格的なフランス洋菓子やケーキが所狭しと並ぶこのお店ですが、その中でも人気なのが『グレープフルーツタルト』(税別650円)です。

フランス焼菓子CHANDELIER(シャンドゥリエ)

画像:川口めぐみ

みずみずしいグレープフルーツとピスタチオクリームがたっぷり入ったサクサクのタルトは、思わず感動してしまうほどのおいしさ。

各タルトによって配合を変え、焼成の過程もこだわっているのがおいしさの秘密だとか。

また、ケーキに合うコーヒーや紅茶もいただくことができます。イートインでは焼き菓子のサービスもあるので、店内で食べることをおすすめしますよ!

<店舗情報>
フランス焼菓子CHANDELIER(シャンドゥリエ)
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-34-14
アクセス:地下鉄桜通線『国際センター駅』2番出口から徒歩5分
電話番号:052-485-7698
営業時間:平日11:00〜18:00、土日11:00〜17:00
定休日:月曜日、火曜日

 

喫茶ニューポピー

画像:喫茶ニューポピー

今でも古い町並みが残る『四間道』に1月29日にオープンした『喫茶ニューポピー』。まるで“蔵”のような店内には、ゆったりとくつろげる空間が広がっています。

スイーツ好きな方にオススメなのが、もインパクト大の『鉄板小倉トースト』(税込810円)。熱々の鉄板には、小倉がたっぷりのった黒ゴマトーストとひんやりアイスが。そこについてくるコーヒーシロップをたっぷりかけていただきます。

喫茶ニューポピー

画像:minaho

また、スイーツ以外ならモーニングタイム(8時~11時)に提供されている『モーニングセット』(ドリンク料金+150円)もオススメ。『自家製小倉』(+100円)や甘酸っぱい『ローゼルジャム』(+100円)など、いろいろなトッピングが楽しめます。トーストが2枚あるので、両方楽しむこともできますよ。

他にもランチタイムには、なんとコーヒーで炊いたカレーが食べられるのだとか。スイーツ以外も要チェックなお店ですよ!

<店舗情報>
喫茶ニューポピー
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-36-52
アクセス:名古屋市営地下鉄 鶴舞線桜通線『丸の内駅』 7・8番出口から徒歩5~6分
電話番号:052-433-8188
営業時間:8:00~18:00(しばらく18時閉店、イベントなどで流動あり)※ 公式SNSなどで確認してください
定休日:不定休
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

 

■3:コモハウス

コモハウス(como house)

画像:dreaminy

名駅に近い西側の円頓寺本町にある『コモハウス』は、ナチュラルでかわいらしい雰囲気が特徴のカフェ。

木のぬくもりに包まれた店内は、すべてお店の方がインテリアを考えられているのだとか。店内を見ているだけでも楽しめそうですね。

そんな『コモハウス』では、ランチタイムに提供されている軽食とミニサラダ・ドリンク付きの『ブランチセット』(税込770円)が人気のようです。

コモハウス(como house)

画像:dreaminy

そしてそこに+330円でいただける手作りケーキは、ぜひオーダーしていただきたい一品。3種類のケーキからお好きなものを選ぶことができるので、お友達とシェアしてもいいですよ。

こちらはそのうちのひとつ『アップルケーキ』。ふんわりとした食感は、ポットで提供してもらえる紅茶と一緒にいただくのがオススメです。

ランチセットは『ブランチセット』以外にも用意されているので、ぜひお好きなランチとデザートをセレクトしてくださいね!

<店舗情報>
コモハウス(como house)
住所:愛知県名古屋市西区那古野2-16-12
電話番号:052-541-1271
営業時間:平日8:00~19:00、日祝8:00~18:00
定休日:火曜日

■4:アランチャ

イタリアンバールARANCIA(アランチャ)

画像:河村弘子

一風変わったイタリアンメニューが楽しめる『イタリアンバールARANCIA(アランチャ)』。

イタリアン風にアレンジされた『あいちサラダめし 韓国風まぜそば』(税別1,000円)や、たくさんのトッピングが楽しめる『アランチャの鉄板ナポリタン全部のせ』(税別1,780円)が人気のお店ですが、実はおいしいスイーツもあるんです!

イタリアンバールARANCIA(アランチャ)

画像:河村弘子

それがこの『黄金さつまいものベニエ6個』(税別500円)。ベニエとは、フランス語で“揚げた生地”という意味なんだとか。

高知県の名物である『いも天』をフランス風にアレンジした、ここでしか食べられないデザートです。

冷めてもサクサクの衣の中には、甘くてしっとりしたおいもがたっぷり。その食感の違いがたまらない一品です。テイクアウトも可能なので、食べ歩きにもオススメですよ。

<店舗情報>
イタリアンバールARANCIA(アランチャ)
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-11-10
アクセス:名古屋市営地下鉄桜通『国際センター駅』から徒歩8分
電話番号:052-551-1676
営業時間:ランチ11:00~14:00(L.O.13:45)、ディナー17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:日曜日、祝日(月曜日が祝日の場合は定休日になります)
駐車場:なし(近隣コインパーキングあり)

 

■5:喫茶まつば

喫茶まつば

画像:河村弘子

名古屋名物のスイーツといえばやっぱり『小倉トースト』ですよね。トーストの上に小倉がのっているイメージが強いですが、もともとは小倉がサンドされたパンだったそう。

昭和8年創業の『喫茶まつば』では、そんな昔ながらの小倉トーストをいただくことができるんです。小倉とマーガリンがたっぷりと入った『元祖小倉トースト』(税込380円)は、どこか懐かしい味わい。ボリューム満点の人気メニューです。

喫茶まつば

画像:河村弘子

また、朝8時~12時までのモーニングメニューにもおいしいスイーツが。その中でも人気なのが、ドリンク代+250円で注文できるフレンチトーストです。

厚切りパンを贅沢に使ったフレンチトーストと、ひんやりしたバニラアイスクリームは相性抜群! フレンチトーストはしっかりとキャラメリゼされていて、香ばしい香りがたまりません。

他にも自家焙煎にこだわったブレンドコーヒーや、すっきりとした後味が特徴のアイスコーヒーもおすすめですよ!

<店舗情報>
喫茶まつば
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-35-14
アクセス:名古屋市営地下鉄桜通線『国際センター駅』2番出口より徒歩5分
電話番号:052-551-0669
営業時間:8:00~18:00
定休日:水曜日
駐車場:店舗向かいにコインパーキングあり

 

■6:種久商店

種久商店(タネキュウショウテン)

画像:川口めぐみ

たっぷりと餡が挟まれ、外側もしっとりしたイメージが強いモナカ。しかし、創業140年と歴史ある老舗和菓子屋『種久商店』では、パリパリのモナカを食べることができるんだとか。

そんな『種久商店』の一番人気商品は『手づめ最中』(税込1,100円)。通常の手焼き最中(10枚)とアーモンド入り最中(14枚)、自家製粒あんがセットになった一品。自分で直接餡を挟んでいただくことができるのが特徴です。

種久商店(タネキュウショウテン)

画像:川口めぐみ

材料のもち米は佐賀県産、餡の大納言は北海道産と、材料からこだわったモナカは優しい味わい。パリパリとした軽い食感で、いくらでも食べられそうです。

写真のように中にアイスを挟むのもオススメ。自分で具や味をカスタマイズできるのが楽しいですね。

『手づめ最中セット』は売り切れ次第終了なので、早めに訪れるか、電話で予約するのがオススメですよ!

<店舗詳細>
種久商店(タネキュウショウテン)
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-21-13
アクセス:国際センター駅から473m
電話番号:052-551-3736
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休

 

■7:松露堂

松露堂(しょうろどう)

画像:木村純子

たっぷりはいった小豆餡がおいしい和菓子といえば“きんつば”。明治10年創業の老舗和菓子店『松露堂』では、かわいい金鯱の焼き印が押された『きんつば』(税込120円)が人気なんです。※ 2019年4月から130円(税込)になります。

質のよい北海道小豆がしっかりとたくさん入ったきんつばは、お店の方が一個ずつ丁寧に手作りされているのだとか。甘すぎず、小豆の風味がきちんと感じられるところが人気の秘訣だそう。

松露堂(しょうろどう)

画像:木村純子

また看板商品である『松露糖』は、こしあんをすり蜜でコーティングしたお菓子のこと。

店内には『松露糖(5個入)』(税込250円)や『小松露糖(11個入り)』(税込480円)など、いろいろな量・サイズの『松露糖』が勢揃い。お茶請けからお土産まで、いろいろな用途によって使い分けられるのが便利ですね。

いろいろな季節や行事に合わせたお菓子も期間限定で販売されているので要チェックですよ!

<店舗情報>
松露堂(しょうろどう)
住所:愛知県名古屋市西区那古野2-16-10
電話番号:052-586-4514
営業時間:9:00~19:00
定休日:日曜日
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

 

■8:オステリア ラ・マンテ

オステリア ラ・マンテ

画像:河村弘子

名古屋市西区にある円頓寺商店街からすぐの四間道にある『オステリア ラ・マンテ』。有機野菜や国産豚を使用した、こだわりが光るイタリアン料理が楽しめると人気のお店です。

カジュアルな雰囲気とボリューム満点のお料理が楽しめる『オステリア ラ・マンテ』の『よくばりさんのデザート盛り合わせ』(税込1,600円)は、お店にあるデザートが所狭しと並べられた大満足の一品。

オステリア ラ・マンテ

画像:河村弘子

こちらはカボチャプリン・ガトーショコラ・チーズケーキ・紅茶のパンナコッタ・ティラミス・栗のティラミス・カタラーナ・イチゴのセミフレット・バニラのジェラートの9種類。スイーツの種類は日替わりなので、何度も行きたくなりそうですよ。

通常はディナー時間のみの提供なのでご注意を。ランチ時に食べたい場合は、事前にお電話で店員さんに確認してみてくださいね。

<店舗情報>
オステリア ラ・マンテ
住所:愛知県名古屋市中村区那古野1-39-3
アクセス:名古屋市営地下鉄桜通線『国際センター駅』2番出口より徒歩5分
電話番号:052-485-9488
営業時間:ランチ11:30~15:30(L.O.14:00)、ディナー17:30~23:30(L.O.月~木・日22:00、金・土・祝前日22:30)
定休日:無休
駐車場:店舗前6台あり

 

■9:富久屋

富久屋

画像:川口めぐみ

甘いスイーツもいいけれど、たまには塩気のあるお菓子も食べたい……。そんなときに立ち寄っていただきたいのが、円頓寺商店街入り口にある『富久屋』です。

こちらの看板商品は『たません』といって、目玉焼きや天かす、マヨネーズなどの具材をえびせんべいの間に挟んだもの。お祭りの屋台で見かけたことのある方も多いかもしれませんね。

富久屋

画像:川口めぐみ

さまざまなたませんが並ぶ『富久屋』の中でもいちばん人気なのが『めんチーたま』(350円)。目玉焼き、天かすの他にとろけるチーズと明太子が入ったたませんです。

パリパリと香ばしいえびせんべいと、辛すぎない明太子のちょうどよいピリッと感がマッチした一品。そこにまろやかなチーズが加わることで、マイルドな仕上がりになっています。

富久屋では五平餅、みたらしだんご、大判焼きといった昔ながらのおやつもたくさんあります。立ち寄った際にはぜひチェックしてみてくださいね!

<店舗詳細>
富久屋
住所:愛知県名古屋市西区那古野2-13-13
アクセス:名古屋駅から徒歩8分ほど、円頓寺本町商店街西の入口です。
電話番号:052-541-0763
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜日、祝日

 

いかがでしたか?

今回は名古屋市西区にある『円頓寺商店街』のおすすめスイーツ店をご紹介しました。

商店街は名古屋駅からもほど近い場所にあるので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

車でおでかけの場合は、駐車場予約サービス「akippa」を使うのもオススメ。ネットで事前に予約し決済ができますよ。

【おすすめ記事】

フルーツ屋さんのお得な果物モーニング!

名古屋パルコに宝石のようなスイーツ店OPEN

専門店でいただくムレスナティー。

懐かしおやつ「五平餅&芋けんぴ」レシピ(PR)

【画像】
※ 川口めぐみ、喫茶ニューポピー、minaho、dreaminy、河村弘子、木村純子

【関連記事】
※ サクサク食感がたまらない!名古屋・円頓寺『シャンドゥリエ』の絶品タルト
※ コーヒーで炊いたカレーライス!? 名古屋・四間道『喫茶ニューポピー』OPEN
※ かわいいナチュラルカフェ!名古屋・円頓寺『コモハウス』でお値打ちランチ
※ ラーメンが人気のイタリアン!? 名古屋・円頓寺商店街『アランチャ』がコスパ抜群
※ 名古屋めし「小倉トースト」の名店!名古屋・円頓寺商店街『喫茶まつば』
※ 自分で作るパリパリ食感!名古屋・円頓寺商店街『種久商店』の手づめモナカ
※ 北海道小豆のきんつばが甘すぎず最高。名古屋・円頓寺の老舗和菓子店『松露堂』
※ 国宝豚が食べられる!? 名古屋・円頓寺のイタリアン『オステリア ラ・マンテ』
※ 1日で2,000枚売れる!? 名古屋・円頓寺商店街『富久屋』の「めんチーたません」

※ 記事の情報は、2018年12月~2019年3月に取材した情報です。