CUCURU(ククル) > グルメ > 農家から直接仕入れた苺を使用!愛知・愛西市『パティシエ KUROKI』の苺パフェ

農家から直接仕入れた苺を使用!愛知・愛西市『パティシエ KUROKI』の苺パフェ

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

苺農家さんに直接毎日仕入れに行っている『パティシエ KUROKI』のいちごパフェは、鮮度抜群で美味しいと評判。広々とした店内のカフェスペースはゆったり過ごせて魅力的です。

素材にこだわり、妥協をしないKUROKIの魅力を伺ってきました!

■ヨシヅヤ津島本店の前の交差点「古川町」を北に行こう

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

田んぼが続くのどかな風景の中にKUROKIはあります。2階建ての大きなお店で敷地内には駐車場もあるので、車でのアクセスが便利ですよ。

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

店内は白を基調としており、天井が高く綺麗な空間。奥にはカフェスペースもあり、先に注文、会計を済ませてから席につきます。

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

1階は白い椅子で、2階は赤い椅子がメインです。

 

■こだわりの素材を使用したパフェが人気!

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

苺パフェ、クレームブリュレパフェ、抹茶チーズパフェ、チョコレートパフェと種類が豊富。今回筆者は、季節限定の苺がたっぷり乗った『ゆめのかいちごパフェ』(1,080円)を注文してみました!

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

愛西市のいちご農家へパティシエが直接仕入れに行っているので、完熟で超新鮮ないちごを使用することができるのだそう。

ゆめのかいちごがパフェにたっぷり乗っていて、味も濃く甘みがしっかりあり、とってもジューシー。生クリームは、いちごの味をダイレクトに味わえるように甘さを控えめにしているのだとか。

中にはメレンゲ、スポンジ、いちごソース、アーモンドクッキー、ストロベリークランチなどが入っていました。

ソフトクリームではなく、生クリームなので冷たすぎず、冬でも美味しく食べられます。

 

■今の時期限定のいちごのケーキも人気!

愛西市の農家さんのゆめのかいちごをふんだんに使用した、いちごのケーキも人気だそう。

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

大粒な苺をたくさん使った『苺たっぷりタルト』(税込522円)。

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

いちごを丸ごとショートケーキに閉じ込めた『苺まるごとショート』(税込497円)」は、いちごの大きさにびっくりしますよ。

パティシエクロキではいちごのショートケーキは年中ありません。信頼できるいちご農家さんからのみの仕入れのため、いちごのケーキは5月ごろまでの販売となるそうです。

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

いちごをパンナコッタと一緒に楽しめる『いちごデセール』(税込486)も容器にぎっしりいちごが入っています。

パティシエ KUROKI【愛知県・愛西市】

画像:大橋千珠

また今の時期限定の『かご盛り』(ランドセル型/税込648円)も話題で、焼き菓子などを詰めて、お孫さんやお子さんのために購入するお客さんが多いそう(焼き菓子代は別途料金かかります)。

ランドセルの販売期間はゴールデンウィークごろまで。今年購入したい方は今なら色も選べるので、早めに行くのがオススメですよ!

 

いかがですか?

完熟のいちごを使用したパフェや大粒のいちごをまるごと使ったショートは、今の時期だけの限定商品です。いちご好きな方、ぜひ足を運んでみてくださいね!

<店舗情報>
パティシエ KUROKI
住所:愛知県愛西市諸桑町西浦63-4
電話番号:0567-24-8881
営業時間:10:00〜20:00
定休日:水曜日、火曜日は不定休
駐車場:25台

【おすすめ記事】

名古屋の「絶品オムライスのお店」7選

食パン専門店『つばめカフェ&milk』オープン

「大人気パフェ店」の3号店が登場!

「花粉症の仕組みと対策」とは?(Sponsored)

【画像】
※ 大橋千珠