CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 「言葉の虐待」になりがち!言ってはいけないNGワード4つ

「言葉の虐待」になりがち!言ってはいけないNGワード4つ

source:http://www.shutterstock.com/

今日もドタバタの一日が終わり、やっと眠りについたわが子。天使のような寝顔を見て「ああ、今日も叱ってばかりいた……」と反省している頃なのではないでしょうか。

でも、愛があるからこそ叱ることができるのですよ。

そう語るのは、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子さん。

今日は立石さんに、言葉の虐待についてと感情をコントロールするコツについてお話いただきます。

 感情をぶつけることが出来るのは親の特権

よその子が悪いことをしていても叱ることはしませんよね。なぜでしょうか?

その理由は“自分の子どもではないので、その子の将来に責任がないから”、それから“叱ってその子どもの親に悪く思われたくないから”の2点があるように筆者は思います。

しかし、わが子の場合は違いますね。

“子どものことを考えて、幼い頃から物事の良し悪しをしっかりしつけたい”こんな思いからつい小言も多くなります。時には声を荒げてしまうことも。

でも、感情をぶつけることが出来るのは親の特権と言えるのではないでしょうか。

どんなことがあってもママのことが大好きなのが子どもです。「こんなに叱ってばかりいて、子どもに嫌われてしまうのではないか」なんて思う必要はありませんよ。

 

「言葉の虐待」となりがちなので言ってはならない4つのNGワード

source:http://www.shutterstock.com/

ただし、次のような言葉はかけてはいけないと筆者は思っています。

(1)「なんであなたはいつもそうなの!悪い子ね!」

(2)「あんたなんか生まなきゃよかった!」

(3)「あんたさえ居なかったらこんな思いをしなかったのに!」

(4)「ママがこれだけのことを犠牲にして頑張っているのに、どうして言うことを聞いてくれないの!」

これらは言葉の虐待と言えると思います。身体への虐待は肉体に傷が付きますが、言葉の虐待は心に傷を負います。目に見えない分、親も他人も気が付くことはなく、やっている親自身には罪悪感も生まれにくいものです。

更に、こういった言葉を言われ続けた子どもは、「ママに嫌われている自分はいい子ではない」と考え、自分の存在を憎むようになることも。そうした場合、きっと自分のことは好きにはなれないでしょう。

世界一大好きな親から存在そのものを否定され続けると、子どもの居場所はなくなるでしょう。

また、生きていく上で一番大切な“自己肯定感”や“自尊感情”が生まれることもないでしょう。

 

感情が溢れて怒りが抑えられない時は?

頭に血が上った瞬間は、誰でも怒りのボルテージが最高潮に達しています。そのため、酷い言葉がどんどん出てきやすいもの。

そうならないために、まずは深呼吸をしたり、目を閉じて10数えてみたり、その場から離れてみたり、まずは一呼吸おくことをおすすめします。

誰でも一呼吸おけば心が少し落ち着き、冷静さを取り戻すものです。怒りのピークが下がれば、言葉も少し柔らかくなるはずです。

 

人間は感情の動物です。感情的になることを避けることは出来ません。ですから、それを発散させる方法を工夫して、言葉の虐待を繰り返さないように心がけてみましょう。

また、もし本当に何をしても難しいと感じた場合は、家族や専門の機関に相談するなど、第3者の声を聞いてみるのもよいでしょう。

 

(2016年5月17日の記事を再掲載しています)

【参考・画像】
※ 立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)
※ Marius Pirvu /  Shutterstock