CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > ママも安心?保育大手トットメイトが保育士に週休3日制を導入

ママも安心?保育大手トットメイトが保育士に週休3日制を導入

(C)PIXTA

日本全国で問題となっている、保育士不足。その解決に踏み切るため、東海エリアを中心に保育サービスを展開する株式会社トットメイトが“週休3日制勤務”の導入を決定しました。

トットメイトは現在、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の4県で、認可保育園や企業所内保育所を中心とした78ヶ所の保育施設を運営、約1,200名の保育スタッフを雇用する保育大手です。

10月、11月と新保育所の開園が続き、17年5月までに東海エリアにてさらに12ヶ所の開園を予定。そのうち、2016年11月以降に新たに開園する保育施設の内、数施設で“週休3日制勤務”を導入して、保育士採用の円滑化やワークライフバランスの推進をしていきます。

 

■週休3日制度、ママにとってメリットは?

週休3日制度は、1週間の所定労働時間は変えずに勤務日を4日に凝縮させるという制度です。

保育所の開園時間は早朝から夜間までと長時間になることが多く、今までは、早朝短時間保育士や夜間短時間保育士を雇用することによりカバーしてきましたが、これら保育士の雇用が困難な状況でした。

そこで、休みを増やす代わりに、1日の労働時間を長くすることで獲得が困難だった早朝・夜間短時間保育士の雇用数を減らしていくという狙いがあります。

また、保育士が途中で交代することが少なくなるので、1人の保育士が1日を通して子どものお世話ができます。子どもにとっても安心できるだけでなく、保護者への報告もより詳しく行うことができるようになるため、保護者の安心にもつなげられるといいます。

 

この制度が保育士不足の解消を助け、ママにとって安心して子どもを任せられるようになると良いですね。

 

【参考】

※ 「保育士に週休3日制」導入  東海の保育大手トットメイト 11月から新設園一部にて - @Press

 

【画像】

※ IYO / PIXTA