CUCURU(ククル) > グルメ > 各地で売り切れ続出!高級食パン『銀座に志かわ』4号店が三重県津市にオープン

各地で売り切れ続出!高級食パン『銀座に志かわ』4号店が三重県津市にオープン

画像:株式会社銀座仁志川

シンプルだけど奥深い魅力を秘めた高級食パンを提供する『銀座に志かわ』。各地で話題沸騰中のこのお店、なんと2019年2月27日(水)に三重県津市に新店がオープン!

これまで銀座、大阪ともにオープン日から完売が続出している大人気食パン。その魅力と津店の情報を、たっぷりとご紹介します。

■アルカリイオン水を使った高級食パン

画像:株式会社銀座仁志川

“思わず立ち寄りたくなる”そんな味にこだわった食パン専門店が、『銀座に志かわ』です。

『銀座に志かわ』が提供するのは、パン作りにおいて小麦粉の次に多い原料とされる“水”をとことん追求した“高級食パン”。

従来、パン作りではイーストの活性化を促し生地を扱いやすくなる硬水が使われることが多かったものの、『銀座に志かわ』では独自のアルカリイオン水を使っています。

その結果、パン作り50年以上の熟練スタッフにより、耳まで柔らかく、ほんのり甘い、絹のような舌触りの“水にこだわる高級食パン”が誕生したのだとか。

 

■次世代食パン

画像:株式会社銀座仁志川

私たち日本人の食卓でパンが出てくるのは、朝食がほとんどです。しかし、『銀座に志かわ』の食パンは和食との相性も抜群で、“夜の食パン”としても存在感を発揮します。

もちろん、そのままでも十分に美味しさを感じることはできますが、きんぴらごぼうや奈良漬と合わせて和食のようにいただくもよし。さらにはワインやチーズといただくもよし。

一日目は生食で、2日目はパンから蒸発した水分を逆手にとってオーブンで焼き、3日目はお好みでトッピングしたオリジナル食パンを作るなど、創造性も駆り立てます。

 

■いよいよ三重県・津市にオープン!

三重県津市に、2月27日(水)にオープンするのは、銀座に志かわの4号店。

お店には、近鉄線・JR紀勢本線『津駅』東口から徒歩8分で到着しますよ。

2月21日(木)12時から、電話による予約も受け付けているとのこと。確実に購入したい方は予約しておくと安心ですね。

 

いかがですか?

SNSでも話題の高級食パンは1000円以下で体験できるプチ贅沢で、紙袋には銀座の料亭を醸し出すような雰囲気が漂い、ちょっとした手土産にも最適です。

気になる方は、ぜひ店舗まで足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
銀座に志かわ津店
オープン日:2019年2月27日(水)
住所:三重県津市栄町2丁目393番地
電話:059-226-2400
アクセス:近鉄線・JR紀勢本線 津駅 東口 徒歩8分

【おすすめ記事】

コーヒーで炊いたカレーライス!?

パンとサラダのお店『ドンク&RF1』オープン

自分で摘んだイチゴでパフェが作れる!

「牡蠣」のあったか洋食レシピ2選(PR)

【画像】
株式会社銀座仁志川

※ この記事は、2019年2月時点の情報です。