CUCURU(ククル) > エンタメ > ゲスト出演は大型新人とお笑い芸人!日曜劇場『グッドワイフ』第4話を振り返り

ゲスト出演は大型新人とお笑い芸人!日曜劇場『グッドワイフ』第4話を振り返り

画像:TBSテレビ『グッドワイフ

画像:TBSテレビ『グッドワイフ』

今週も日曜劇場『グッドワイフ』の放送を振り返ります!

2月3日(日)に放送された第4話の印象に残った場面は……

■第4話のゲストは大型新人&お笑い芸人

まず大型新人俳優として話題の“佐藤緋美”さんが登場。佐藤緋美さんの父親は浅野忠信さん、そして母親はCHARAさんです。

野球部所属の高校生・荻原翔平で、ある傷害致死事件の重要参考人となる役柄。佐藤さん自身も現役の高校生ということで、等身大の演技を披露。緊張感と初々しさが感じられました。

そんな翔平と同じ野球部員の中村明宏役には“前田旺志郎”さん。兄の前田航基さんと漫才コンビ『まえだまえだ』として頑張っていた頃から、随分大きくなったなぁと感慨深かったです。

そして翔平と明宏が忍び込んだマンションの管理人役にお笑いコンビ『馬鹿よ貴方は』の平井“ファラオ”光さんが出演。

また裁判シーンでは、芸能界きっての“裁判ウォッチャー”でもあるお笑い芸人“阿曽山大噴火”さんが傍聴人として登場し、傍聴席に座っている姿がリアルさをぐっと増していました。

お笑い芸人さん達が、ぞくぞくと登場して面白かったです。

 

■過去と決別してスッキリ!

傷害致死容疑で逮捕された高校生・荻原翔平は、杏子(常盤貴子さん)が以前住んでいた家のご近所さんの子どもで、翔平の母・奈津子(須藤理彩さん)はかつて杏子の親友だった。

ただ壮一郎(唐沢寿明さん)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人でもあった。ご近所付き合いを含む、女の友情って、難しいですよね。

自分のことだけではなく、夫のことや子どものこと、ご近所の人間関係も絡んで……。

ただ“本当に困っている時に手を差し伸べてくれる人が、大事にすべき存在”だと筆者は思っているので、困った時だけすがってくる奈津子は有り得ません。

でも最後に「今度またランチしない?電話するね」と言った奈津子に対して、杏子が「口だけでしょ!?」と言い返し、人間関係を断ち切ったシーンは、もう“あっぱれ”の一言に尽きます。

めちゃめちゃ気持ちがスッキリしました! まさに第4話のテーマ通り“過去と決別”して、新しい未来へ進んだ杏子でした。

 

■気になる次回第5話の予告は!?

資産20億のロックスター東城数矢(宇崎竜童さん)の離婚訴訟を巡り、妻のちなみ(銀粉蝶さん)の代理人として担当することになった杏子。

数矢は売れない時代を支えてきたちなみと別れ、若い恋人の唯奈(松本まりかさん)と結婚するつもりだという。

杏子は、財産分与などで11億円を請求するが、数矢の代理人弁護士・栗山美咲(芦名星さん)は、6,000万円が妥当だと主張。法律的根拠も相手側にあり、杏子たちは窮地に追い込まれる。

しかも美咲は多田の元彼女。多田を知り尽くした様子から、交渉も難航する。そんな中、突然の事故で数矢は意識不明の重体に陥ってしまう。

そんな数矢を前にして、妻と愛人は数矢の命と財産を巡り争い始める。

 

■最後にもう一度、第4話のおさらい!

杏子(常盤貴子さん)が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美さん)が傷害致死容疑で逮捕された。

翔平の母・奈津子(須藤理彩さん)は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎(唐沢寿明さん)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。

杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海さん)にメインでやってもらうようにお願いする。

翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。

そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する……。一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。脇坂(吉田鋼太郎さん)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。

そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。それは杏子を想う多田(小泉孝太郎さん)だった……。

文/テレビ・ウォッチャーCHINATSU

【画像】
※ TBSテレビ『グッドワイフ