CUCURU(ククル) > グルメ > コーヒーで炊いたカレーライス!? 名古屋・四間道『喫茶ニューポピー』OPEN

コーヒーで炊いたカレーライス!? 名古屋・四間道『喫茶ニューポピー』OPEN

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

おしゃれなお店を開拓するのも楽しいですが、毎日通いたくなるような喫茶店に巡り合いたい。そう思うときはありませんか?

初めて行っても昔から通っているような気持ちになってしまう『喫茶ニューポピー』が、古い町並みが残る名古屋の“四間道”にオープンしました!

■『丸の内駅』から徒歩5分!

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

名古屋市営地下鉄鶴舞線桜通線『丸の内駅』の7・8番出口から徒歩5分ほど。または桜通線『国際センター駅』の2番出口から約7分で行くことができます。

 

■古い町並み「四間道」にオープン!

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

今でも古い町並みが残る『四間道』に1月29日にオープンしました! 思わず通り過ぎてしまいそうですが、ひっそりと佇む道に惹きこまれていきます。

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

お店は“蔵”になっています。蔵の中を覗くとレトロな雰囲気が漂う、昔ながらの喫茶店が見えてきます。

 

■特等席の「ロフト」が面白い!

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

1階にはカウンター席やゆったりくつろげるソファ席があります。

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

そして2階へ上がると、存在感のあるロフト席が目の前に! 天井は高く解放感があり、2階でもロフト席でも楽しめるようになっています。

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

ロフト席には4名掛けと2名掛けのテーブル席があります。

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

ロフトから見える2階席です。どの席に座ってもゆったりできそうですね。

 

■目の前で焙煎

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

1階のカウンター席付近からは、間近で迫力のある焙煎する様子を見ることができ、こだわり抜かれたコーヒーができていく様子や香りを楽しむことができます。

 

■お得なモーニングメニュー

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

名古屋の喫茶店と言えば、やっぱり“モーニング”ですよね。モーニングタイム(8時~11時)に行くと、飲み物代のみ・またはプラス料金でお得にモーニングを食べることができます。

なお、こちらのメニューはオープニングメニューとなっているので、近日中に変更になる場合があります。

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

トーストが2枚つく『モーニングセット』(飲み物代+150円)です。飲み物代のみでトースト1枚、ゆで卵、サラダがつくセットもあります。

『自家製小倉』(+100円)や甘酸っぱい『ローゼルジャム』(+100円)もオススメです。『山パン』か『黒ゴマパン』か選べ、自家製小倉には黒ゴマパンが合います。

オプションをつけずにバタートーストとして食べるのも良いですね。

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

喫茶店のママ特製『自家製ポテトサラダ』も絶品ですよ!

 

■こだわり抜かれたコーヒー

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

『ポピーブレンド』(税込594円)です。モーニングタイムに行くと518円(税込)で注文できます。

目の前で淹れていただく深入りのコーヒーと、コーヒーカップにも書かれた“NewPoppy”の文字など、コーヒーやお店への愛が伝わってきます。

 

■コーヒーで炊いたごはん!?

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

ランチライム(11時30分~14時)に食べられる『ポピーのカレーライス』(税込918円)です。

試行錯誤を重ねて作られたという、コーヒーで炊いたご飯が盛られています。カレールーはオシャレなカフェで食べるカレーとも自宅で食べるカレーとも違う、“昔ながらの喫茶店で食べるカレールー”です。

スパイスから作ったピリ辛のカレールーと、コーヒーで炊いたごはんが絶妙に合います。写真は200gサイズですが、モーニングタイムには『飲み物代+500円』で150gサイズのカレーも注文できます。

新しさと昔ながらを兼ね備えたカレーも、ぜひ食べてみてくださいね!

 

■名古屋名物「小倉トースト』が鉄板で

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:喫茶ニューポピー

熱々の鉄板に小倉の載った黒ゴマトーストとアイスが置かれ、コーヒーシロップをかけて食べる『鉄板小倉トースト』(税込810円)もインパクト大です。

 

■自宅でもこだわりのコーヒーが楽しめる

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

ドリップコーヒーの種類は変更になる場合がありますが、店内で味わったコーヒーを家に帰っても飲める贅沢な楽しみです。ローゼルジャムやコーヒーカップも売っていますよ。

 

いかがですか?

まるで隠れ家のような場所にあるのに、昔から通っているような気持ちになる『喫茶ニューポピー』。すぐ近くには円頓寺商店街などもあり、観光がてらコーヒーを飲みに行くのもいいですね。

“昭和の当たり前を現代風に磨いた喫茶飯”を食べに行ってみませんか?

<店舗情報>
喫茶ニューポピー
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-36-52
アクセス:名古屋市営地下鉄 鶴舞線桜通線『丸の内駅』 7・8番出口から徒歩5~6分
電話番号:052-433-8188
営業時間:8:00~18:00(しばらく18時閉店、イベントなどで流動あり)※ 公式SNSなどで確認してください
定休日:不定休
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

【おすすめ記事】

「白or黒のオムライス」に驚き!

150種のパンがズラリ!昭和区のベーカリー

たこ焼き型のジェラート!?

「牡蠣」のあったか洋食レシピ2選(PR)

【画像】
※ minaho
※ 喫茶ニューポピー

※ 記事の内容は、2019年2月時点の情報です。