CUCURU(ククル) > グルメ > 自分で摘んだイチゴでパフェが作れる!愛知・日進『ストロベリーノ下田』が楽しい

自分で摘んだイチゴでパフェが作れる!愛知・日進『ストロベリーノ下田』が楽しい

ストロベリーノ下田【愛知県・日進市】

画像:夏目佳代

いちごがおいしい季節になりましたね。この時期のおでかけにもってこいなのが“いちご狩り”。

名古屋から激近と話題のいちご狩りスポット、愛知県日進市の『ストロベリーノ下田』では、通常のいちご狩りに加えて、自分で摘んだいちごでパフェを作ってもらえるプランが大人気なんです。さっそく筆者も体験してきました!

■パフェ用いちごを摘みながら、たくさん食べよう!

ストロベリーノ下田【愛知県・日進市】

画像:夏目佳代

ストロベリーノ下田と、その隣にある農園カフェ『suburbian(サバ―ヴィアン)』のコラボ企画のいちご狩りは、まず、通常のいちご狩り同様に、ビニールハウスの中でイチゴ狩りを楽しみます。

ハウスの中にはあま~い章姫いちご12,000株がお出迎え。いちご狩りの時間は15分ですが、筆者は40個も食べました!

それも、おしゃべりしたり、写真を撮ったりしながらです。食べることに集中すれば、もっともっと食べられそうですね。

いちごを食べながら、パフェにしてもらういちごを摘むこともお忘れなく。

ストロベリーノ下田【愛知県・日進市】

画像:夏目佳代

パフェに使ういちごは10個。欲張って大きなのを採りたくなりますが、あまり大きいとパフェの器に入りません。

大きさの目安の原寸大いちごの描かれた紙が、パフェ摘み用のパックに入っているので参考にしてくださいね。甘いいちごの見分け方は、赤く熟して、ヘタが反り返っているものがいいそうですよ。

筆者も、そんなアドバイスをいただき10個を厳選しました。

 

■いちご10個にクオリティーを追求した究極のパフェ!

ストロベリーノ下田【愛知県・日進市】

画像:夏目佳代

いちご狩りが終わったら、摘んだ10個のいちごを持って、お隣の農園レストランのサバ―ヴィアンへ移動します。

ここで、フレンチのシェフが、すべて手作りのアイスなどを入れたパフェを作ってくれるんですよ。

ストロベリーノ下田【愛知県・日進市】

画像:夏目佳代

10個のいちごに加わるのは、イチゴのコンポート、マスカルポーネストロベリーアイス、バニラアイスクリーム、クランブル、ホイップクリーム、水切りヨーグルト+イチゴシロップ、さらに、一番上にはサクサクのクッキー・チュイールが乗っています。

自分で採ったいちごが、見た目もかわいく、中身のクオリティーも高い贅沢なパフェに変身! これはテンション上がりますね。

こちらのパフェ、小学生までのお子さんは自分で作ることもできるそう。子どもたちも大喜びの楽しい企画です。

 

■ランチとのコラボ企画も

ストロベリーノ下田【愛知県・日進市】

画像:夏目佳代

このいちご狩りとパフェのコースは、水金土日の10:00・13:30・14:30スタートになります。料金は大人2,800円、小学生2,400円、幼児2,200円となっています。

いちごパフェは不通にオーダーすると1,200円なので、いちご狩りもできてこの金額は、かなりお得ですよね。

さらに、パフェでなくいちご狩りとサバ―ヴィアンのランチと組み合わせたコースもあります。こちらは、いちご狩り15分のあと、サバ―ヴィアンに移動してランチを楽しめます。

ミニサイズのいちごパフェも付いているのがうれしいポイント。水金土日の11:00スタートになります。

ランチを先に食べて、後からいちご狩りというコースもあります。こちらは12:30スタートで、ミニパフェではなく、おみやげにいちご1パックが付きます。料金は、大人3,600円、小学生3,100円、幼児2,800円。

 

今年は、いちご狩りだけでなく、さらにうれしいプランの付いた『ストロベリー下田』のいちご狩りはいかがですか? 予約が必要なので、ホームページか電話に確認してくださいね。

地下鉄鶴舞線平針駅から、徒歩14分と、名古屋市内からもとってもアクセスしやすいので、友達や家族と一緒に楽しみましょう!

<施設情報>
ストロベリーノ下田
住所:愛知県日進市赤池町下田91
電話番号:052-803-1256
営業時間:10:00~16:00
定休日:月曜日、木曜日
駐車場:あり(30台)
詳細:いちご狩り+パフェのコース/水金土日の10:00・13:30・14:30スタート、いちご狩り+ランチのコース/水金土日の11:00・12:30スタート

【おすすめ記事】

「白or黒のオムライス」に驚き!

150種のパンがズラリ!昭和区のベーカリー

たこ焼き型のジェラート!?

「牡蠣」のあったか洋食レシピ2選(PR)

【画像】
※ 夏目佳代

※ 記事の内容は、2019年2月時点の情報です。