CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 世界に1つのさるぼぼを作ろう!岐阜・高山『思い出体験館』で伝統工芸に挑戦

世界に1つのさるぼぼを作ろう!岐阜・高山『思い出体験館』で伝統工芸に挑戦

飛騨高山 思い出体験館【岐阜県・高山市】

画像:大橋麻美子

飛騨高山のお土産といえば“さるぼぼ”。飛騨の方言で“さるの赤ちゃん”という意味のこの人形は、飛騨高山のマスコット的存在ですよね。

そんなさるぼぼの手作り体験ができるスポットを岐阜・高山市に発見! その名も『飛騨高山 思い出体験館』。

なんと10種類以上の体験ができるんだとか。筆者も早速、実際に体験してみました。

■10種類以上の体験が可能!

飛騨高山 思い出体験館【岐阜県・高山市】

画像:大橋麻美子

お土産としても人気の“さるぼぼ”を手作りできるのが、岐阜県高山市にある『飛騨高山 思い出体験館』。

飛騨高山の民芸、さるぼぼ以外にも、手焼きせんべいや陶器の絵付けなど、10種類以上の体験が可能です。

飛騨高山 思い出体験館【岐阜県・高山市】

画像:大橋麻美子

今回筆者は、家族とさるぼぼ作り体験、手焼きせんべい体験にチャレンジしました!

 

■まずは「さるぼぼ作り」

さるぼぼ作りは、体験料込で1,500円。

まず、5色から好きな色を選びます。丸い顔と胴体は既製品。頭巾やでんちの布がセットです。

飛騨高山 思い出体験館【岐阜県・高山市】

画像:大橋麻美子

胴体と首をつなげるところや、お守りをつけるところは糸を使うのですが、その他は、ボンドで接着するだけなので、お子さんでもチャレンジしやすそう。小学生息子も一人で黙々と制作に没頭していました。

スタッフさんも丁寧に指導してくれるので、親御さんと一緒なら子どもでも大丈夫。

飛騨高山 思い出体験館【岐阜県・高山市】

画像:大橋麻美子

裁縫好きな筆者の母は“うさぼぼ”作りに挑戦。腹巻のところには2枚の布が重ねてありますが、下の布に自分の願い事を書き込みます。

そして、世界にひとつだけのさるぼぼが完成! 1時間弱ほどかかりました。

 

■焼きたてがたまらない!「手焼きせんべい体験」

飛騨高山 思い出体験館【岐阜県・高山市】

画像:大橋麻美子

思い出体験館では、グルメ系のお土産の定番である“塩せんべい”も手作りできるんですよ。

うるち米を5センチほどに丸く薄くしたものを、鉄の棒に挟んで石窯の中へ。3秒ずつ表裏、慎重に焼いていきます。

ある瞬間から、ぶわっと一気に膨らんでいくので、焦がさないように全体に火を通すのがコツ。10枚焼くことができ、枚数を重ねるごとにだんだんと上達します。

飛騨高山 思い出体験館【岐阜県・高山市】

画像:大橋麻美子

販売しているおせんべいはパリッとした軽い食感ですが、焼きたてのおせんべいはもっちりとした食感。いつも食べているおせんべいとはまた違って、とっても美味しいですよ。これを味わえるのも、手作り体験だからこそですね!

 

■自分で作って思い出を増やそう!

飛騨高山 思い出体験館【岐阜県・高山市】

画像:大橋麻美子

飛騨高山には、わら細工や刺し子細工など、職人さんが作る郷土伝統の匠の技がたくさんあります。

そんな伝統工芸をもっと気軽に体験できる場所を作ろう!ということで、2~3年ほど前にオープンしたのが『思い出体験館』。

飛騨の伝統工芸をお土産として買うだけでなく、自分で作ることで思い出も増えそうですね!

 

旅先として人気の飛騨高山。ぜひみなさんも、思い出体験館でカタチに残る思い出づくりにチャレンジしてみてくださいね。

<施設概要>
飛騨高山 思い出体験館
住所:岐阜県高山市上岡本街1-436
電話番号:0577-34-4711
営業時間:10:00~16:00
休館日:木曜日
料金:サルぼぼづくり1,500円、塩せんべい10枚600円、ほか飛騨の里入館割引あり

【おすすめ記事】

「白or黒のオムライス」に驚き!

150種のパンがズラリ!昭和区のベーカリー

たこ焼き型のジェラート!?

「牡蠣」のあったか洋食レシピ2選(PR)

【画像】
※ 大橋麻美子

※ 記事の内容は、2019年2月時点の情報です。