CUCURU(ククル) > グルメ > 切り方にポイントあり!パサつきやすい「鶏むね肉」をしっとり柔らかく食べるコツ

切り方にポイントあり!パサつきやすい「鶏むね肉」をしっとり柔らかく食べるコツ

画像:大橋千珠

家計の味方“鶏むね肉”。リーズナブルなので、給料日前にお世話になることも多いのではないでしょうか?

しかし、鶏むね肉は下処理をきちんとしないと、パサパサで淡白な味になってしまいます。

そこで今回は、鶏むね肉をしっとりプリプリな食感にし、子どもも美味しく食べてくれるレシピを2つご紹介します!

■「薄くそぎ切り」がポイント!

鶏むね肉は安いので頻繁に使いたいのですが、パサパサになりやすいので、使いづらい食材でもあります。

しかし、丁寧に下ごしらえをするだけで、グッと美味しく食べることができますよ。

画像:大橋千珠

鶏むね肉の皮を取り除きます。

画像:大橋千珠

中央から斜めに包丁を入れます。

画像:大橋千珠

鶏むね肉を3枚にスライスし、

画像:大橋千珠

一口大にそぎ切りします。

画像:大橋千珠

この時、なるべく薄くスライスするのがオススメです。

次に小麦粉や片栗粉で周りをコーティングするとパサパサ感はほとんど感じず、しっとりと仕上がります。

味付けをしっかりつけておけば、さらに美味しく食べられること間違いなしです!

 

■子どもが好きな味!『鶏むね肉のケチャップ煮』

画像:大橋千珠

<材料>

鶏むね肉・・・2枚

小麦粉・・・大さじ3

ケチャップ・・・大さじ5

水・・・大さじ5

砂糖・・・小さじ1

鶏ガラスープの素・・・小さじ1

<作り方>

(1)鶏むね肉を3枚にスライスし、そぎ切りにします。

(2)ポリ袋に(1)、小麦粉を入れて、全体にまぶします。

(3)フライパンに油をたっぷり(底から高さ5mmになるように)入れて両面しっかり焼きます。

(4)小さいボウルにケチャップ、水、砂糖、鶏ガラスープを入れてよく混ぜます。(3)に入れて絡めて完成!

鶏肉を薄くそぎ切りにし小麦粉をまぶして焼くことで、鶏肉の旨味を閉じ込め、ふっくらしっとり仕上がります。

ケチャップ味なので、子どもたちも好きな味になりました。大人は韓国唐辛子を絡めていただくのがおすすめです。

 

■甘辛い味付けとチーズが決め手!『鶏むね肉のチーズ絡め』

画像:大橋千珠

<材料>

鶏むね肉・・・2枚

白ネギ・・・1本

砂糖・・・大さじ3

醤油・・・大さじ2と1/2

みりん・・・大さじ1

ごま油・・・大さじ1

片栗粉・・・大さじ3

ピザ用チーズ・・・60g

<作り方>

(1)鶏むね肉を3枚にスライスし、そぎ切り、砂糖、醤油、みりん、ごま油をポリ袋に入れて、30分ほど漬け込みます。

(2)袋に片栗粉を入れて、油(分量外)をひいたフライパンに1枚ずつ入れて、両面しっかり焼きます。

(3)焼き目がついたら斜めに切ったネギをフライパンに入れて、肉を上に乗せます。その上にピザ用チーズを乗せ、蓋をし、弱火で5分ほど焼きます。

画像:大橋千珠

(4)火を止め、5分余熱で中まで火を通します。チーズが溶けたら完成!

画像:大橋千珠

甘辛い味付けにとろけるチーズは鉄板の組み合わせ! 蒸し焼きにしたネギとの相性も抜群ですよ。

 

いかがですか?

ぱさつきがちな鶏むね肉。ちょっとした下ごしらえでグンと美味しく食べられます。ぜひ作ってみてくださいね!

【画像】
※ 大橋千珠

※ 記事の内容は、2019年2月時点の情報です。