CUCURU(ククル) > グルメ > 激辛ver.の名古屋名物も!『赤から』『赤豚屋』に旨辛料理5つが新登場

激辛ver.の名古屋名物も!『赤から』『赤豚屋』に旨辛料理5つが新登場

『名古屋名物 手羽先唐揚げ レッド&ブラック』

画像:株式会社甲羅

名古屋で大人気の辛口料理のお店といえば、『赤から』を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

そんな『赤から』からと同じ系列の名古屋・栄にあるお店『赤豚屋(チョッテジヤ)住吉店』で、唐辛子や山椒を使ったピリ辛味の麻辣(マーラー)料理が登場するとのこと!

一体どのようなシビれ料理が待ち受けているのか、その気になる内容をお届けしたいと思います!

■1:麻辣(マーラー)赤から鍋

『麻辣(マーラー)赤から鍋』

画像:株式会社甲羅

赤からの今年のトレンド鍋でもある『麻辣(マーラー)赤から鍋』(1人前1,290円~)は、台湾ミンチ、ブレンド唐辛子を加え、花山椒をたっぷりトッピング。

国産ホルモン、豚肉、名古屋コーチン入り鶏つくねから出る旨味のある出汁に、たくさんの野菜の出汁も加わり、食べすすめていくと旨辛鍋へと変化を遂げるんだとか!

 

■2:チョッテジ鍋

『チョッテジ鍋』

画像:株式会社甲羅

石鍋でつくる珍しい旨辛鍋の『チョッテジ鍋』(1人前990円)は、特製辛味ダレと野菜の水分だけで煮込んだホルモン鍋。

野菜の甘みとぷりぷりの牛ホルモンの旨みを最後まで楽しむことができ、シメはおこげもおいしい石焼ビビンバがオススメ!

 

■3:プデチゲ鍋

『プデチゲ鍋』

画像:株式会社甲羅

『プデチゲ鍋』(1人前990円)は、牛骨をたっぷり煮込んだスープに、豚肉、スパム、ソーセージ、など10種類以上の具材とラーメンが入ったピリ辛味の鍋です。

コラーゲンたっぷりでヘルシーなだけでなく、スープまでおいしいひと品。一度食べたらクセになりそうな韓国の大衆鍋料理ですよ。

 

■4:名古屋名物 手羽先唐揚げ レッド&ブラック

『名古屋名物 手羽先唐揚げ レッド&ブラック』

画像:株式会社甲羅

名古屋めしの代表格でもある手羽先の唐揚げを甘辛いタレに胡椒をたっぷりとかけた『名古屋名物 手羽先唐揚げ レッド&ブラック』(各4本490円・8本890円)。

“レッド”は特製赤からパウダーと粗唐辛子を、“ブラック”には粗挽きブラックペッパーをそれぞれかけてあるため、違った辛味が楽しめますよ。

 

■5:セセリの地獄焼き

『セセリの地獄焼き』

画像:株式会社甲羅

『セセリの地獄焼き』(690円)は、赤から特製タレを揉み込み、ジューシーに焼き上げたせせりに粗挽き唐辛子をたっぷりとかけたひと品。

真っ赤な色が印象的なせせり焼きですが、甘みのある唐辛子を使用しているため辛すぎず、おつまみとしてオススメです。

 

■6:爆弾鶏からレッド

『爆弾鶏からレッド』

画像:株式会社甲羅

『爆弾鶏からレッド』(2個330円)は、ニンニクと醤油で味付けした鶏肉を揚げ、赤からオリジナルパウダーと唐辛子をかけた、旨辛な唐揚げです。

口に入れた瞬間にピリッとくる食感はクセになりそう! 見た目も大きく、食べ応え抜群なので若者を中心に人気があるそう。

 

いかがですか?

『麻辣(マーラー)赤から鍋』、『名古屋名物 手羽先唐揚げ レッド&ブラック』、『セセリの地獄焼き』、『爆弾鶏からレッド』は赤から全店で。『チョッテジ鍋』と『プデチゲ鍋』は、赤豚屋(チョッテジヤ)住吉店にて食べられます。

辛いものが大好きという方は、ぜひお近くの店舗で激辛料理を味わってみてくださいね。

【参考】
「マー活」&「ラー活」が大人気! 花山椒+唐辛子でシビれ麻辣(マーラー)料理が続々―@Press

【画像】
※ 株式会社甲羅

※ この記事は、2019年1月時点の情報です。