CUCURU(ククル) > グルメ > 海苔がパリッとして美味しい!名古屋・昭和区『おむすびいちほし海苔店』

海苔がパリッとして美味しい!名古屋・昭和区『おむすびいちほし海苔店』

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

海苔屋さんが手掛けるおむすび屋さん。そう聞いただけでぐっとお腹が空いてきませんか?

名古屋・川名の『おむすびいちほし海苔店』では、そんな夢のような“おむすび”を食べることができるのです。

■川名駅から徒歩10分

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

名古屋市営地下鉄鶴舞線『川名駅』1番出口から徒歩10分、または名古屋市営バス『宮裏』から徒歩10秒ほどで行くことできます。

 

■かわいい「おむすびマーク」が目印

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

看板の可愛いおむすびマークが目印です。こぢんまりとした店内ですが、かわるがわるお客さんが来て途絶えません。

入口に置かれている立て看板には、期間限定商品の案内などが書かれています。

 

■海苔屋さんの「海苔」がお得に買える

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

店内では『焼のり』や『味付海苔』などが売られています。

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

ほんの少し穴や破れがあるだけで、少しお得に購入できる『上キズ 焼きのり』(税込300円)なども売られていますよ。

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

毎月第1土曜日には“海苔特売日”として“海苔商品が全品30円引き”や“味付けもみのり1個100円”など、お得なイベントがやっています。

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

こちらは『特上味付けのり』(税込450円)。ほどよい塩っ気がご飯に絶妙にマッチします!

 

■おむすびの具は20種!

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

季節や限定品などで前後しますが、20種の具が揃っています。『赤飯むすび』には海苔がつきませんが、そのほかのおむすびには海苔がつきます。

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

筆者は『こだわり紅鮭』(税込140円)、『おかかつくだ煮』(税込130円)、『北海道昆布』(税込120円)を購入しました! どのおむすびにも具がたっぷりと詰まっています。

海苔は食べる直前に巻いた方が美味しいということで、海苔は別にしてあります。最大限に美味しく食べられる方法でおむすびを提供していることにも、お店のこだわりが感じられます。

海苔と一緒についてくる“お召し上がり方”という紙にも、海苔の巻き方が書いています。パリッとした海苔で食べるおむすびは絶品ですよ!

 

■おむすびと一緒に食べたいおかず

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

おむすびにも使用されている『ハチミツ入り完熟つぶれ梅』(税込250円)や『国産野菜たっぷりとん汁』(税込170円)、唐揚げやミートコロッケの惣菜パック(『具だくさんの卯の花(おから)』は共通)が売られています。

おむすびいちほし海苔店【名古屋・昭和区】

画像:minaho

筆者は『卵焼きと具だくさん卯の花(おから)』(税込230円)を購入しました! 甘い卵焼きと具がたっぷり入ったおからでごはんが進みます。

 

いかがですか?

営業時間は3時間ほどですが、昼過ぎになると売り切れのものも出てくるほど大人気の『おむすび いちほし海苔店』。売り切れる前に買いに行きたくなる美味しいおむすびを、ぜひ食べてみてくださいね!

<店舗情報>
おむすび いちほし海苔店
住所:愛知県名古屋市昭和区安田通5-2
アクセス:名古屋市営地下鉄鶴舞線『川名駅』から徒歩10分、名古屋市営バス『宮裏』から徒歩10秒
営業時間:10:30~13:30
定休日:日曜日、祝日
駐車場:なし

【画像】
※ minaho

※ 記事の内容は、2019年2月時点の情報です。