CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 折れたクレヨンで簡単に作れる!マーブル模様の「オリジナルクレヨン」作り方

折れたクレヨンで簡単に作れる!マーブル模様の「オリジナルクレヨン」作り方

画像:LUVRIDDIM

お子さんの図画工作グッズの定番、“クレヨン”。しかし、力を入れて描くとポキッと折れてしまうことがありますよね。

折れたクレヨンは短くて使いにくい、でも捨てるのはもったいない……そこで今回は、折れたクレヨンをおしゃれに復活させる方法をご紹介します!

■準備するもの

画像:LUVRIDDIM

・折れたクレヨン

・シリコーンでできた型

・爪楊枝

・電子レンジ

この4つがあれば簡単にできちゃいます!

筆者が使用したのは、100円ショップで購入したチョコレート用のシリコーンモールド。アイスクリームの型がかわいらしいですね。

画像:LUVRIDDIM

我が家では、折れたクレヨンはその都度新しく交換!というシステムなので、折れたら1つの缶にまとめてあります。

塗り絵をするときはここから使うこともあるので、これはこれでなかなか重宝しています。しかし、どんどんたまってしまうので、今回はマーブルクレヨンを作って再利用することにしました。

 

■作り方

(1)まずはクレヨンをシリコーン型に詰めます。

画像:LUVRIDDIM

キレイに溶けるように、クレヨンをなるべく細かくしておくのがおすすめ。

画像:LUVRIDDIM

大きい場合や入らない場合は手で折ったりハサミで切ったりして、シリコーン全体にクレヨンが入るように調節してください。

画像:LUVRIDDIM

ちょっと山盛り気味に詰めるのがポイントです。

また、黒いクレヨンは他のクレヨンに比べて熱が入りやすいのか、溶けやすく焦げやすいのでご注意を。

(2)600Wのレンジで約3分(500Wでは約4分)温めましょう。すると、みるみるうちにクレヨンが溶け出します。

画像:LUVRIDDIM

容器や電子レンジの性能によって分数が変わるので、クレヨンがうまく溶けないときは30秒〜1分ずつ調整しながら様子を見てください。

(3)クレヨンが溶けたら、型の隅々まで溶けたクレヨンが入り込むよう、爪楊枝で手直し。

画像:LUVRIDDIM

また、同時に型のなかを軽く混ぜます。すると、できあがったときにかわいいマーブル模様になります。

混ぜすぎると汚くなってしまうので注意してくださいね。

(4)クレヨンが型に均等に行き渡ったら、クレヨンが固まるまで冷まします。

画像:LUVRIDDIM

今回はシリコーン型を使っているので、冷めると簡単に型から外すことができます。

画像:LUVRIDDIM

キレイに型から外したら完成! とっても簡単にできるので、親子で作るのも良さそうですね。

 

■色使いが面白い!

画像:LUVRIDDIM

どんな色・模様になるかは、出来上がるまでのお楽しみ。

できあがったクレヨンで線を引くと、さまざまな色が混ざった面白い色合いに!

 

いかがですか?

とっても簡単にできるマーブルクレヨン。ぜひみなさんも作ってみてくださいね。

【おすすめ記事】

あの『ミールカフェ』が移転OPEN!

大須で見つけた!絶品肉グルメ18選

八百屋さんの大人気フルーツサンド

「花粉症の仕組みと対策」とは?(AD)

【画像】
※ LUVRIDDIM

※ 記事の内容は、2019年5月時点の情報です。