CUCURU(ククル) > ライフスタイル > その節約「長続き」しますか?FPが教える「家計節約のコツ」とは

その節約「長続き」しますか?FPが教える「家計節約のコツ」とは

画像:xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

つい先日2019年に突入したばかりかと思っていましたが、あっという間に新年度の準備をしなければならない時期がやってきますね。

ワクワクしながら新しい生活を待っている方や、新年度を区切りにして何か新しいことにチャレンジしようとしている方も多いのではないでしょうか?

そんなみなさまの新生活をサポートすべく、とっておきの節約情報を、ファイナンシャルプランナーの観点でお伝えしたいと思います。

 

■長続きする節約としない節約の違いは?

画像:hanack / PIXTA(ピクスタ)

よく“節約”と言いますが、長続きする節約方法と、長続きしない節約方法があることをご存知ですか? 例えば、食費、交際費、美容費など。これらは、あった方が豊かに暮らせるけれど、我慢をすれば削ることができます。

しかし、これらを節約する場合、即効性はありますが、これは長続きしません。なぜなら、継続するのに“我慢”が必要だからです。

一方で、住居費、教育費、光熱費、通信費などは、毎月必ず払わなくてはいけないお金です。毎月ある程度決まった金額の支払いがある費用は、無駄な出費がないプランを一度考えてしまえば、我慢することはありません。

だから、節約が長続きし、成功させることができます。

 

■契約をまとめるだけでお得に!

画像:ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

具体的に、長続きさせやすい節約の方法をお伝えしたいと思います。その方法はズバリ、「契約をうまくまとめることで通信費や光熱費を削減する!」です。今回は、ケーブルテレビのプランをうまく組み合わせたお得情報を見ていきます。

ケーブルテレビ会社はその名の通り、ケーブルを繋いで地デジ、BS、CSを放送する会社です。しかし、テレビだけではなく、インターネットや電話、電気・ガスなど、身の回りの幅広いサポートもしてくれるんですよ。

(1)通信費をおとくに

ほとんどのご家庭でインターネットを利用されているのではないでしょうか。そんなご家庭で、テレビ回線とインターネット回線、電話回線をケーブルテレビ会社で契約するだけで、割引をしてもらえるんですよ。

支払う通信費用を1ヵ所にまとめるだけで、費用も管理しやすくなるし、おまけに割引がある。とてもうれしいですね。各社違いはありますが、毎月1,300円くらいの割引があるところもあります。

もう一つ通信費と言えば、携帯料金も気になるところですよね。ケーブルテレビは携帯会社と提携していることも多く、携帯料金も割引になる場合が多いんですよ。

例えば、東海エリアのCNCIグループでは、電話回線(ケーブルプラス電話)とauの携帯をセットで契約していると、毎月500円~1,000円の割引になります(プランによっては対象外となる場合があります)。

(2)光熱費もおとくに

さらに、先ほどのCNCIグループは、中部電力と提携をしていて、お得な電気の新料金メニューやガスの申込代行を行っているそうです。

例えば、おとくプランとカテエネガスプラン1に申し込んだ場合、パンフレットによると、1年間で“電気代4,570円+ガス代6,510円=11,080円”も割引になるそうです(※1)。1ヶ月あたりで計算すると923円ですね。

また、新料金メニューやガスのプランは利用料に応じてカテエネポイントがたまるのでさらにお得なんだそうです。ケーブルテレビとのセット特典として、カテエネポイントが毎月最大200ポイント(電気100ポイント、ガス100ポイント)たまります。

カテエネポイントは1ポイント=1円として電気代に充てられるので本当にお得だと思いますよ。小さな積み重ねがとても大事ですよね。

電気代もガス代も、どうせ支払わなければならない費用です。ケーブルテレビを通して申し込むことで、さらに特典がつくのはとてもうれしいですよね。

※1 契約されているプランや利用状況により割引金額は変わります。また、ケーブルテレビ経由でお申込いただけない場合もあります。

 

■どれだけお得になる?

画像:photomai / PIXTA(ピクスタ)

先ほどご紹介した割引金額を合計すると、1ヶ月あたり3,223円、1年あたりでは約38,680円になります。この金額を預金利息で得るためには、どれくらいの預金額が必要か見ていきましょう。

大手都市銀行の2019年1月現在の1年の定期預金金利は0.01%です。この金利をもとに計算すると、預金額が約3億8680万円必要になります。

インターネット、テレビ回線、固定電話、電気代、ガス代の支払い契約を1つにするだけで、我慢をせずに、預金額約3億8680万円の利息を得るのと同じ効果になっちゃうと言うのだから、お得度がよくわかりますよね。

また、ケーブルテレビは、各地域に密着した情報を発信していますから、新しい地域で生活を始められる方にとって地元の情報や天気、災害情報を知るにはとても便利です。

地元情報だけではなく、スポーツ、アニメ、趣味の番組などの通常の地上波では見られない番組も多く見ることができます。一人暮らしのみならず、家族みんなで、また家族ひとりひとりが楽しめるサービスだと思いますよ。

 

いかがですか?

節約になり、生活をより便利で楽しくするための手段の一つともなるケーブルテレビ。一石何鳥にもなってしまうすごいものです。

東海エリアのCNCIグループでは、現在お得な新生活応援キャンペーンを実施中。資料請求をした方を対象に、抽選で豪華賞品が当たるそうですよ! 詳しくは、CNCI公式サイトをご覧くださいね。

※本キャンペーンは2019年3月31日に終了いたしました。

【参考】
中部電力料金シュミレーション(電気)
中部電力料金シュミレーション(ガス)

【画像】
※ xiangtao, hanack, ふじよ, photomai / PIXTA(ピクスタ)

文責・竹内美土璃(みどり)

Sponsored by CNCI