CUCURU(ククル) > グルメ > 麻婆豆腐に入れるとGOOD!? 「えのき」驚きの活用法&絶品レシピ

麻婆豆腐に入れるとGOOD!? 「えのき」驚きの活用法&絶品レシピ

画像:大橋千珠

みなさんは、“えのき”を何に使っていますか? きのこのスープにしたり、干して出汁として使ったり、なめたけにしたり、野菜炒めに入れたり……とても重宝する食材ですよね。

筆者の家でも、料理を選ばないえのきは常に冷蔵庫に入っています。さて今回は、そんなえのきの意外な使い方をご紹介します。

■「えのき入り麻婆豆腐」レシピ

画像:大橋千珠

えのきは刻めばどんな料理にでも対応可能! えのきの石付きを切り落として、傘の方から切っていくと細かく切れます。

ミートソースに入れたり、ひき肉に混ぜ込んで、ミートボールやハンバーグのネタに入れたりするのもオススメです。

そんな便利なえのきですが、今回は“麻婆豆腐”に入れてみようともいます! 簡単なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

<材料>

豚ひき肉・・・300g

えのき・・・100g

ネギ・・・・1本

生姜・・・1かけ

もめん豆腐・・・450g

米味噌・・・大さじ3

鰹節粉末・・・大さじ1

みりん・・・大さじ1

砂糖・・・小さじ1

水・・・100cc

ごま油・・・大さじ1と1/2

韓国の唐辛子・・・大さじ1(もしくは豆板醤・・・適量)

<作り方>

画像:大橋千珠

(1)えのきは石付きを切り落として細かく切ります。豆腐は水切りしておきます。

(2)ネギを薄くスライスします。生姜の皮を剥き、みじん切りにします。

画像:大橋千珠

(3)フライパンにごま油をひき、生姜、挽肉、ネギを炒めます。

(4)水、米味噌、粉末鰹節、みりん、砂糖を入れて煮込みます。

(5)豆腐を一口大に切り、フライパンに入れます。

辛さが苦手な方や子ども用はこれで完成! 大人はここに韓国の唐辛子を加え、ピリ辛にしましょう。

画像:大橋千珠

えのきが苦手な方でも、入っていることに気づかずに食べられるかもしれません。

 

■えのきの長さを生かして使う!「野菜巻きフライ」レシピ

続いては、えのきの長さを生かしたレシピをご紹介します。

<材料>

豚バラスライス・・・10枚

えのき・・・100g

インゲン・・・10本

にんじん・・・小1本

小麦粉・・・大さじ6

マヨネーズ・・・大さじ6

水・・・80cc〜100cc

パン粉・・・適量

<作り方>

画像:大橋千珠

(1)にんじんはインゲンのような長さ・太さになるように切り、柔らかくなるまで茹でます。インゲンはさっと茹でます。

(2)豚バラスライスでインゲン、にんじん、えのきを巻きます。

画像:大橋千珠

(3)小麦粉(分量外)をまぶし、マヨネーズ・小麦粉・水を混ぜた“マヨ液”にくぐらせ、パン粉をつけて揚げます。

画像:大橋千珠

(4)カリッと揚がったら完成!

画像:大橋千珠

マヨネーズ・ケチャップ・ソースを混ぜた、オーロラソースにつけて食べてくださいね。

 

いかがですか? 万能食材のえのき。刻んだりそのまま使ったり、いろいろな調理を試してみてくださいね!

【画像】
※ 大橋千珠