CUCURU(ククル) > 美容・健康 > どんなマスカラもお湯で落とせる!? スゴ技「マスカラ下地」とは

どんなマスカラもお湯で落とせる!? スゴ技「マスカラ下地」とは

画像:野村純子

汗や水でにじみにくい“ウォータープルーフ”のマスカラを使っている方は多いですよね。クレンジング後にマスカラが下まぶたに残り、パンダのように黒くなることはありませんか?

このお悩みを解決するのに役立つ、スゴ技“マスカラ下地”を見つけました! パッケージによれば「すべてのマスカラをお湯オフに変換」できるそう。

そこで今回は、そんな優秀マスカラ下地『フローフシ モテマスカラTECHNICAL2』をエステティシャンの野村純子さんにレビューしてもらいました。

■『フローフシ モテマスカラTECHNICAL2』(税別1,600円)

画像:野村純子

今回使用したのは、ドラッグストアやバラエティショップで展開している『MOTEMASCARA(モテマスカラ)』シリーズの中の1つで、“ブーストプライマー”というもの。

ブーストは押し上げる、増幅する、プライマーは下地という意味があります。

画像:野村純子

カーブブラシに、白目を際立たせるというネイビーカラーです。まつ毛をケアするための成分も配合されているそうですよ。

画像:野村純子

使い方は簡単。まずはブーストプライマーを塗ります。ブラシのカーブをまつ毛の根元に当てて、下から押し上げるように、毛先は軽くササッと塗ります。

下地なのですが、これ1本だけでも「マスカラしてます感」が出ました。

画像:野村純子

だいたい乾いたころに手持ちのマスカラを、筆者はウォータープルーフマスカラを重ねます。下地を塗っている分だけ、厚みが増すように感じます。その後にもビューラーを使えば、しっかりカールします。

さて、注目すべきはクレンジング。クレンジング剤を使わず、お湯だけでどれほど落ちるのか試してみました。

画像:野村純子

洗顔可能な温度の湯の中で、しばらくなじませたら、“振り洗い”だけでポロポロ落ち始めました。指の腹で優しくさするだけでスルン!

画像:野村純子

ウォータープルーフマスカラ単独では、どれだけ湯につけて擦っても落ちないのはご存知のとおり。

他メーカーでもお湯でオフできる下地はあるのですが、上に重ねるマスカラは“お湯オフタイプ”を指定しており、どんなマスカラもお湯オフ変換できるのは新感覚だと思います。

 

いかがですか?

カールアップ、ボリュームアップだけでなく、落としやすさを考えたマスカラ下地。お手持ちのマスカラと併用できますので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

※ 品切れや販売終了についてはご容赦ください。

【画像】
※ 野村純子

※ この記事は、2019年1月時点の情報です。