CUCURU(ククル) > グルメ > いちごのフラッペが話題!愛知・日進のカフェ『ザ サンロクゴ スタンド』

いちごのフラッペが話題!愛知・日進のカフェ『ザ サンロクゴ スタンド』

画像:大橋千珠

連日行列ができている人気のカフェ『FARMER’S KITCHEN THE gram(ファーマーズキッチンザグラム)』。こちらの姉妹店が、愛知県日進市の『THE SANROKUGO STAND(ザ サンロクゴ スタンド)』です。

パンとケーキどちらも人気のお店で、『ストロベリーチョコチップフラッペ』も、発売早々SNSで話題になっています。さっそく伺って魅力を聞いてきました!

■2階はフリースペース!デトックスウォーターもあり

画像:大橋千珠

『THE SANROKUGO STAND』は、愛知淑徳大学長久手キャンパスや名古屋学芸大学、名古屋外国語大学からも近く、『とんかつマ・メゾン』『デリスアプリコ』『and cafe』などのお店のすぐ近くにあります。

画像:大橋千珠

1階でパンやケーキ、ドリンクを購入したら2階のフリースペースで食べることができます。

画像:大橋千珠

白やレンガ調の壁でオシャレな空間。2名がけの席、4名がけの席とシチュエーションに合わせて座ることができます。グループでも一人でも入りやすい雰囲気ですよ。

画像:大橋千珠

デトックスウォーターもあるので、自分で好きなだけ飲むことができます。

 

■天然酵母の焼きたてのパンを味わえる!

画像:THE SANROKUGO STAND

月曜日以外は焼きたてのパンを購入することができます。『FARMER’S KITCHEN THE gram』のときよりも、パンにこだわって作っているそうです。

画像:大橋千珠

旬のいちごを使ったデニッシュや甘い系のパン、惣菜系のパン、クロワッサン、バケット、食パンと幅広いラインナップ。

画像:大橋千珠

厳選したジャムも販売されているので、一緒に買う方も多いそうですよ。

画像:大橋千珠

筆者は『パニーノ アボカド&シュリンプ』(税別400円)を注文してみました。注文してから焼いてくれるので、熱々のパニーノを食べることができます。

もっちりした生地で中のチーズがとろ〜んと伸び、ぷりぷりのエビ、アボカドのコクが絶妙にマッチしてとても美味しいパニーノです。ボリュームもあるのでランチにぴったり!

画像:大橋千珠

レジの横にはケーキも販売しているので、イートインもテイクアウトもできますよ。

 

■今が旬のいちごフラッペなどドリンクも充実!

画像:大橋千珠

販売早々、SNSで話題になっている『ストロベリーチョコチップフラッペ』(税別780円)。生のいちごとチョコチップのプチプチ感が心地よく、全体に甘さ控えめなので、いちごの美味しさが前面に出ているドリンクです。

カップの横からはいちごスライスの断面が見えて、可愛いですよ。

画像:大橋千珠

愛知県ではまだまだ珍しいサイフォンコーヒーもありました。『THE SANROKUGO STAND』のパンやケーキに合うようにブレンドされたコーヒーで、『ライトブレンド(Sサイズ)』(税別380円)、『ミディアムブレンド(Sサイズ)』(税別380円)があります。

注文してからアルコールランプでお湯を温め、中が真空になると水がフラスコに上がり、コーヒーが抽出できる仕組みで、見ていると実験みたいで楽しいですよ。

画像:THE SANROKUGO STAND

テイクアウトもできるので、ドリンクだけ買いに来るお客さんもみえるそうですよ。

 

いかがですか?

オープンして間もないですが、連日たくさんの人で賑わっている『THE SANROKUGO STAND』。パンもケーキもドリンクも楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね!

<店舗情報>
THE SANROKUGO STAND(ザ サンロクゴ スタンド)
住所:愛知県日進市竹の山1-2009
電話番号:0561-73-5665
営業時間:8:00〜20:00
定休日:年中無休(パン販売のみ月曜日休み)
駐車場:店舗前に5台(テイクアウトの方のみandcafeの駐車場を使えます)

【おすすめ記事】

「白or黒のオムライス」に驚き!

150種のパンがズラリ!昭和区のベーカリー

たこ焼き型のジェラート!?

「牡蠣」のあったか洋食レシピ2選(PR)

【画像】
※ THE SANROKUGO STAND
※ 大橋千珠