CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 来年のお財布はもう決めた?使いやすくてオシャレなミニ革財布まとめ

来年のお財布はもう決めた?使いやすくてオシャレなミニ革財布まとめ

小さいバッグが流行している昨今。お財布も小さめのものがトレンドとなりつつあります。ストーリーのある逸品ばかりを集めた「藤巻百貨店」では、持ち歩きやすいコンパクトさでも中にはたくさん入る、こだわりのミニ財布を取り扱っていますよ。ぜひチェックしてください。

ストーリーをもった逸品が揃う「藤巻百貨店」

東京・愛知・富山に店舗を構える「藤巻百貨店」。「『もの』を語る。そんな、極上の『ものがたり』に出会う場所」をコンセプトに、革小物やファッション雑貨・テーブルウェアなどの幅広いアイテムを販売しています。どれも作り手の思いが詰まったストーリーをもっていて、手にした人の日々をきっと豊かにしてくれるような逸品ばかりです。

今回はその中から、コンパクトで機能的な革のお財布をピックアップしてご紹介します。どれもユニセックスでスマートな雰囲気。カラー展開も豊富なので、ペアで使うのもおすすめですよ。

お札もコインも取り出しやすいミニ財布

革と銀製品のセレクトショップ「池之端銀革店」が作る「Cramp」シリーズのお財布は、たっぷりとオイルを含ませていて、使い始めから柔らか。手にしっとりと馴染む革の質感が楽しめます。丸みを帯びたフラップが付いているコインポケットは、ボックス型で四辺の壁が立ち上がる仕様。反対側には大きく開くお札入れがあり、コインもお札も取り出しやすくなっています。カードポケットは2つあり、真ん中のポケットには約9枚、下段のポケットには約2枚が収納可能。たくさんのお札やカードを入れても、厚みは空の状態とほぼ変わらないというコンパクトさが魅力です。

池之端銀革店 Cramp コンパクトウォレット 17,280円(税込)

お札を自分で折り曲げる必要ナシのミニ財布

こちらは、独特の革製品を生み出すブランド「m+(エムピウ)」から登場したミニ財布。最大の特徴は、自分でお札を折らなくてよいことです。
コンパクトなお財布にお札をしまうとき、たいてい、自分で二つ折りか四つ折りにしなければなりませんが、こちらのお財布は一味違います。通常サイズのお財布のようにお札をそのまま入れると、お財布の中で三つ折りになるように設計されているのです。また、ポケット部分はシンプルながらも、仕切りがあるのでコインとカードを別々に収めることができます。お財布の周りにはぐるりとファスナーが付いていて、中身がこぼれてしまう心配もありません。

m+ zonzo ミニジップウォレット 16,740円(税込)

曲線に軽さと使いやすさの工夫が詰まったミニ財布

革小物ブランド「Vintage Revival Productions」の「AIR WALLET」シリーズのミニ財布は、驚きの軽さが特徴。一般的な二つ折りの革財布に比べて約半分の重さしかありません。使いやすさを追求しながらも、必要最低限の革しか使わずにミニマルに仕上げられているのです。
お財布を開くと、珍しい作りに目が行くはず。中心に入った細長い穴は二つ折りのしやすさと軽量化のための工夫です。また、お札入れの端は緩やかな曲線状で、紙幣を出し入れしやすくなっています。曲線のファスナーが付いたコインポケットは、直線タイプのファスナーに比べ、コンパクトでも容量が多くとれるのだそう。カードポケットはお札入れの部分に隠れていて、お財布を開いたときもスマートな印象を保てます。

Vintage Revival Productions AIR WALLET 18,360円(税込)

とっておきのアイテムが見つかるお店へ

ご紹介したお財布は、銀座の東急プラザにある一号店をはじめとした各店舗と、オンラインショップで購入することができます。お店にはほかにもさまざまな革財布のほか、こだわりを感じるファッション雑貨やインテリア小物もずらり。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。
writer / まどか photo / 藤巻百貨店

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。

Recommend今あなたにおすすめ