CUCURU(ククル) > グルメ > チーズを入れてとろ~り!無印良品『フライパンで作るナン』のおいしい食べ方

チーズを入れてとろ~り!無印良品『フライパンで作るナン』のおいしい食べ方

画像:野村純子

伸びるチーズや流れるチーズのグルメが大人気ですよね。今回は“無印良品”の人気商品『フライパンで作るナン』(税込190円)というミックス粉を使って、自宅で“チーズナン”を作る方法をご紹介します。

■準備するのは油とチーズだけ!

画像:野村純子

パッケージ裏に掲載されている作り方によると、ナンミックス1袋に水100ml、オリーブ油(サラダ油も可)5mlを加えてこねるだけ。チーズナンにする場合はチーズを用意します。

1袋でナンが4枚作れて190円というコスパもうれしいですね!

 

■チーズナンの作り方

画像:野村純子

それでは順を追って作り方をご紹介します。

水と油を加えたばかりの粉はベタつくので、ヘラやしゃもじで混ぜるのがおすすめ。約30秒でまとまってくるので、今度は手で約5分こねましょう。

生地を等分してラップをかけ、室温に約10分放置しておくと、よりなめらかになるので、その間にチーズやフライパンの準備をしておきます。

画像:野村純子

生地を大人の手のひらくらい(直径12~15cm)の大きさになるようめん棒で伸ばし、溶けるチーズを乗せたところです。

画像:野村純子

生地を周りからかぶせるようにして、チーズが溶けてもれないようにしっかり包みましょう。中に入れるチーズは、シュレッド(細かく刻んだ)チーズよりも、モッツァレラチーズやスライスチーズなど“ひと塊”を乗せたほうが包みやすいかもしれません。

生地の弾力もあるため、ここで少し分厚くなってしまったら、めん棒で優しく平らにしておきます。

画像:野村純子

薄く油をひいたフライパンに、中火でフタをして約1分半~2分半。裏返したら弱火で約1分焼きます。この焼き時間は作り方どおり。もっと長くかかるものだと思っていました!

画像:野村純子

熱々のチーズナンができあがり! “調理時間50分”と書かれていますが、伸ばしたりするのに手こずらなければ30分以内で完成しました。

 

■うすーく伸ばせば基本のナンも

画像:野村純子

4等分した生地をすべてチーズナンにしてもいいし、半分だけ長く薄く伸ばしてオーソドックスなナンにするのもいいですよね。本場の専用窯で焼く薄焼きでパリッとしたナンと比べると、厚焼きピザのようにふわふわな食感です。

 

無印良品にはレトルトカレーの種類が豊富ですよね。焼きたての熱々チーズナンと一緒に試してみてはいかがでしょうか?

【画像】
※ 野村純子