CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 自宅にあるものでみるみるキレイに!浴室のカンタンお掃除方法【決定版】

自宅にあるものでみるみるキレイに!浴室のカンタンお掃除方法【決定版】

年末に近づき、そろそろ大掃除の時期がやってきます。今回ご紹介するのは、苦手意識のある方も多いお風呂掃除。家事代行サービス、「CaSy」のキャストさんも実際に使用している、どこのご家庭にでもあるアイテムを使った簡単お掃除方法をご紹介します。

お風呂の掃除は意外と簡単

苦手意識のある方が多い、水回りの掃除。特にお風呂はカビや水垢の温床になりやすく、こまめに掃除していても汚れが気になるものです。面倒だからと目を背けがちですが、放っておくと汚れが蓄積されてしまいます。

今回ご紹介するのは、汚れに合わせたお掃除方法。面倒な作業はなく、どれも自宅にあるアイテムを使って簡単にお掃除することができますよ。

カギになるのは実は天井。あのお掃除アイテムが大活躍します

よし、掃除しよう!と思って天井を見上げたら、黒い点がポツポツ。でも、天井掃除はどうしたらよいかわからないので放置してしまいがち。しかし、そのままではカビが菌をまき散らし、浴室全体に繁殖してしまうことも。掃除は上から汚れを落としていくのが基本。まずは天井から始めましょう。

手が届きにくい天井の掃除で活躍してくれるのは、床掃除に使うT字型のモップ。アルコールを吹き付けたキッチンペーパーを巻き付け、天井を優しくこすりましょう。安全のためにゴーグルやマスクを装着して行うことをおすすめします。

汚れの温床。排水溝周りは放置でラクラク

続いては目を背けてしまいがちな排水周り。普段の掃除では、溜まった髪の毛を取るだけの方も多いと思いますが、石鹸カスやカビなどの汚れが溜まりやすい場所なので大掃除のタイミングでしっかりと汚れを落としましょう。

始めに髪の毛を取り除き、重曹をかけて歯ブラシなどで軽くこすります。これだけでほとんどの汚れは落ちてしまいます。そのあと排水溝の中に重曹を入れて、お酢とお湯を入れます。中で泡がぶくぶく出てきたら汚れが浮いてきた証拠。30分から1時間程度放置して水でしっかりと洗い流せば完了です。

実は盲点!鏡の水垢にはクエン酸が効果的

水垢や石鹸カスで曇ってしまった浴室の鏡。水や石鹸を使って汚れを落としたつもりでも、乾くとすぐに元通りになってしまうものです。

そんなしぶとい水垢にはクエン酸が効果的です。こちらもやり方は簡単。クエン酸を付けたスポンジで円を描くように優しく鏡を磨きます。その上からラップで覆い30分ほど放置。水で流せばぴかぴかの鏡に元通り。鏡の汚れの主な原因は水垢。酸が水垢のたんぱく質の成分を分解する効果があるので、きれいに汚れが落ちるのです。

気持ちもお風呂もスッキリして新年を迎えましょう

今回ご紹介したお掃除グッズは、家庭にあるものやドラックストアで手に入るものばかりです。大掃除のために専用の道具を買わなくてもOK。頑固な汚れは、力ずくでこすったり、強い薬剤を使って落とした経験もあるかと思います。しかし、汚れに最適なアイテムを使うことで、放置するだけ、軽くこするだけで掃除が完了します。ぜひ今年の大掃除の参考にしてみてくださいね。

writer / minami photo / Shutterstock

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。