CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 「妖精のミニチュアハウス」が素敵!名古屋・星が丘テラスの冬イルミネーション

「妖精のミニチュアハウス」が素敵!名古屋・星が丘テラスの冬イルミネーション

画像:dreaminy

愛知県名古屋市・地下鉄星ヶ丘駅すぐの『星が丘テラス』は、ショッピングやグルメを楽しめるおしゃれなスポットとして知られています。毎年この時期になると、“冬のイルミネーション”としてとても素敵なミニチュアハウスの街に灯りがともります。

今年で15周年を迎えたという星が丘テラス。年々パワーアップするイルミネーションの魅力をたっぷりとご紹介します。

■ミニチュアハウスがずらり!「妖精が住む森」

画像:dreaminy

星が丘テラスのウィンターイルミネーション、なんといっても目玉は“妖精たちのものがたり”。椙山女学園大学とコラボレーションした企画です。

星が丘テラスには道路をはさんでEAST、WESTの二つのエリアがあり、“妖精たちの住むものがたり”は、そのEAST側で見ることができます。ずらりと並ぶミニチュアハウスたち。そのどれもが、椙山女学園大学の学生さんたちが心を込めてつくった作品なのだそう。

その数なんと約90棟! まさに、今年の装飾テーマ“妖精の住む森”のごとく、かわいらしい家々が迎えてくれます。

画像:dreaminy

小さなハウスの中には、それぞれのハウスに合った、さらに小さな妖精や住人が! まるでおとぎ話のワンシーンのようです。

画像:dreaminy

中にいる妖精はハウスによって違うので、どんなかわいらしい妖精がいるのか探してみるのも楽しいですよ。

画像:dreaminy

“妖精の森”はさらに3つの森に分かれていて、“開けた森-フェスティバル”、“泉のある森-クリスタル”、“深い森-不思議な花”と、そのそれぞれにテーマがあります。

テーマごとに少しずつ景色も違うので、ぜひそれぞれの森を楽しんでみてくださいね。

 

■歩道にもミニチュアハウス

画像:dreaminy

この時期は星が丘テラスから東山植物園に続く歩道にもミニチュアハウスが立ち並んでいて、足元を照らす灯りとなっています。

画像:dreaminy

筆者は12月に訪れたので、サンタクロースも見つけましたよ。

画像:dreaminy

とても細かな部分まで丁寧に仕上げられていて、見ていて感動する作品ばかりです。

そして、ウィンターイルミネーションのミニチュアハウスには物語があります。星が丘テラスHPでご覧いただけますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

 

■ダイナミックなイルミネーションも登場!

他にも、星が丘テラスWEST ウッドデッキにも美しいイルミネーションが登場しています。

画像:dreaminy

ひとつめは、雪の妖精“スノーマン”をイメージしたイルミネーション。巨大なスノーマンは、中に入って写真を撮ることもできますよ。

画像:dreaminy

ふたつめは、昨年も人気だった“ウィッシュツリー”。スノーマンの両サイドに2本のウィッシュツリーが並びます。

こちらには、訪れた人の願い事を書いた“ウィッシュカード”も飾られています。来年の抱負、家族との願い、自分の夢……ウィッシュカードに書くことで、願いが叶うかもしれませんね。

 

いかがでしょうか?

星が丘テラスのウィンターイルミネーション、ほっと心があたたまります。開催期間は2019年2月28日(木)までなので、気になる方ぜひお早めに訪れてみてください。

※ WEST ウッドデッキとウィッシュツリーは、12月26日からお正月仕様に変更します。

<店舗情報>
星が丘テラス
住所:名古屋市千種区星が丘元町16-50
電話:052-781-1266
営業時間:物販・サービス10:00~20:00 レストラン・カフェ7:30~23:00 ※ 営業時間は店舗により異なります
定休日:元旦のみ
イルミネーション開催期間:~2019年2月28日(木)
HP:http://www.hoshigaoka-terrace.com/

【画像】
※ dreaminy

※この記事は、2018年12月時点の情報です。