CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 100均の材料でできちゃう!「パステル手形アート」に必要な7点セットとは

100均の材料でできちゃう!「パステル手形アート」に必要な7点セットとは

画像:CUCURU編集部

“パステル手形アート”をやってみようと思ったときに、まず何をそろえればいいのでしょうか? 本格的な画材をそろえるのは、費用が心配ですよね。

そこで今回は、Meetch式パステルアート創始者で、ママと赤ちゃんの手形アート教室主催している鈴木未樹さんに、“簡単に手に入るパステル手形アートの材料”についてお話を伺いました。

■100均でパステルが手に入る!

画像:CUCURU編集部

“パステル手形アート”は自宅でもできるんですよね。何をそろえればいいのでしょうか?

「1番重要な材料のパステルの道具ですが、100均で手に入れることができますよ。

本格的なものではないので色の数などは限定されてしまいますが、100均で売られているセットの中には、少し小さめで18種類もの色のパステルが入っているものも。

また最近、違うパターンのセットも販売されたので100均のものでも、36色揃えることができますよ。

なので、自宅で簡単に試すときには本格的な画材から始めるのではなく、100均グッズで手軽に始めてみてください」

 

■パステルの他に必要な道具は?

パステル以外に必要なものはありますか?

「パステル以外に6つのものを用意しましょう。

(1)スケッチブック

こちらはメーカーなどこだわらずに好きなものを用意してください。

(2)消しゴム

周りに模様をつけるときに使います。

(3)茶こし

パステルを粉にするとき、安全のためにも茶こしを使ってすりおろしていきます。なお、この時に使用する茶こしは、持ち手が付いているものがオススメですよ。

(4)手を拭くもの

どうしても手が汚れてしまうので、ウエットティッシュやおしりふきなどが必要です。

(5)デコレーションするためのもの

アートの周りをデコレーションするときに使う、画用紙やクラフトパンチなどがあるといいですよ。

(6)ラミネートフィルム

教室では、仕上げに色止めのスプレーを使って粉落ちを防ぐようにしています。ですがこのスプレーは画材屋さんでしか手に入れることできません。

その代わりに使えるものが、100均に売っているラミネートフィルムです。手で貼ることができるので手軽に利用することができますよ」

 

いかがですか?

手軽にそろえることができる100均グッズで、ぜひお子さんと“パステル手形アート”を楽しんでみてくださいね!

 

今回の放送の全容は、以下のリンクボタンより、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【12月27日(木)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

 

鈴木 未樹(すずき みき)
Meetch式パステルアート創始者 ママと赤ちゃんの手形アート教室主催。アメブロ:https://ameblo.jp/chibimama530/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ AK / PIXTA(ピクスタ)