CUCURU(ククル) > 美容・健康 > まつエクなしでもパッチリ目!? 美容家が教える「自まつげアイメイク」4つのテク

まつエクなしでもパッチリ目!? 美容家が教える「自まつげアイメイク」4つのテク

画像:popcorner / Shutterstock

ぱっちりした目に憧れる方は多いと思います。目力アップのためにまつげエクステなどをつけることもありますが、メンテナンスに手間やお金がかかることもあり、「自まつげで勝負したい!」という方も少なくないのではないでしょうか。

そのためには、自まつげをくるんと上向きにして、メイクでインパクトを出すことが大切。そこで今回は、上向きまつげで目力をアップさせる4つの方法をご紹介します。

■上向きまつげを作る!4つのポイント

(1)まつげ美容液を欠かさない

マスカラだけで理想のまつげをつくるには、自まつげを美しく育てることが基本。毎日まつげ美容液でケアしてみましょう。

朝はまつげ美容液がメイクに響くことがあるので、夜寝る前にお手入れするのがおすすめ。

画像:継田理恵

筆者のお気に入りは、ハリウッド化粧品の『ニューカーレン メイウシヤマ カーレン』(14g/税抜3,000円)。植物由来オイルをメインとした濃密なバーム状の美容液です。眉毛にも使ってOK。

クレンジングなどのダメージでさみしくなったまつげも、理想的な状態を目指すことができるでしょう。こちらはなんと、昭和8年からのロングセラー! いかに支持されているかがわかります。

(2)ビューラーは2本使い

まつげをくるんと上向きにするには、ビューラーで根元からしっかり上げるのがポイント。そのためには、ビューラーの使い方を今一度見直してみましょう。

ビューラーでまつげの根元をしっかり挟んだら、挟んだまま手首を返すように持ち上げます。ビューラーを持った手の薬指が天井を向くようなイメージです。

根元を上げたら、そこから3~5段階ほど小刻みにまつげを挟み、根元と同様にしっかりと挟んだまま持ち上げましょう。

マスカラをつけたあとは、ホットビューラーで根元から毛先まで下から持ち上げるように癖をつけて。ビューラーをW使いすることで、1日中くるんとしたまつげをキープしやすいでしょう。

(3)妥協なしのマスカラを選ぶ

目元にインパクトを与えるマスカラは、選び方が重要。

筆者は、長さもカールもツヤも妥協しないマスカラ、to/oneの『ロング ラッシュ マスカラ』(税抜2,800円)がお気に入りです。

画像:継田理恵

まつげの1本1本をキャッチして伸びるようなマスカラで、重ねづけすることでボリューム感にも満足。繊維が細かくつくので扱いやすく、まつげをケアするウチワサボテンオイルなどの植物由来成分が入っているのも魅力。

今は、“長さアップだけ”、“ボリュームだけ”ではなく、多方面に優れたマスカラがたくさんあります。全方位妥協しないマスカラで、目力を生み出しましょう。

(4)マスカラのオフは丁寧に

美しい自まつげを育てるには、マスカラのメイク落としも重要。雑にむりやりオフしようとすると、まつげが抜けたり傷んだりしやすいです。コットンを使い、目元専用リムーバーで落とすのがベストです。

専用リムーバーで落とすのが面倒な方は、お湯で落とせるマスカラを使うとクレンジングが楽になるでしょう。または、メイクとなじみやすいオイルクレンジングを使って、丁寧にオフするのも手です。

 

ご紹介した4つの対策を行えば、まつげエクステやつけまつげなしでも目元に自信が持てるはず! ぜひ試してみてくださいね。

【画像】
※ 継田理恵
※ popcorner / Shutterstock