CUCURU(ククル) > 美容・健康 > イスと置き換えてみて!親子3世代で楽しめる「バランスボールの使い方」

イスと置き換えてみて!親子3世代で楽しめる「バランスボールの使い方」

画像:CUCURU編集部

手軽に運動できる“バランスボール”ですが、実は小さなお子さんや高齢の方も簡単にトライできると話題なんだとか。

そこで今回は、バランスボールインストラクターとして心と体を元気に整えている松原民絵さんに“バランスボールの手軽な取り入れ方”を教えてもらいました!

■小さいお子さんでも楽しく使えるバランスボール

画像:CUCURU編集部

バランスボールは何歳から始めることができるのでしょうか?

「2歳ほどの子どもから、1人で座って大人と同じような動きができるようになる場合が多いです。

お子さんの場合は、普段ボール遊びなどで使うものより少し大きい、直径30cmのバランスボールがオススメです」

子どもの場合は、どんな風にバランスボールを使うと良いのでしょうか?

「大人の場合と同じく、イスの代わりに使うのがオススメです。

例えば、テレビを見るときや、テーブルでお絵かきなどをして遊ぶときにイスの代わりに置き換えてみてください。そうすればサイズもイスと同じぐらいなので、正しい姿勢を目指すことができるでしょう。

特に現代の子どもたちは、ゲームやスマートフォンなどを使うことが多いことも……。

だからこそ、日常生活の中にバランスボールを取り入れるという少しの変化が大切です。イス代わりにバランスボールを使うことで、足を踏ん張ったり正しい姿勢を意識したりできるでしょう。

またボールが好きな子どもの場合、イスに座って姿勢を正すよりボールに座ってトライした方が、ノリノリで楽しみながらやってくれますよ」

 

■高齢の方にもオススメ!

「実は、バランスボールは2歳ぐらいの幼児の方だけでなく高齢の方など幅広い年代の方にオススメです。さらにバランスボールは手軽に取り入れることができるだけでなく、工夫次第では頭の運動にもつながると思います。

実際に私が教えるときには、音楽を取り入れています。また、さまざまなな動きをマネすると、普段とは違った刺激を感じられるでしょう」

高齢の方がバランスボールを使用するときに、気をつけるべきことはありますか?

「空気をたくさん入れてしまうと、ボールと床との接地面が少ないので、転がりやすく不安定になります。なので、ボールの空気を少なめにするようにしましょう。

また、壁の近くで転倒を防ぎやすくすることも大切です」

 

いかがですか? ぜひみなさんも、日常生活にバランスボールを取り入れて、日頃の運動不足を解消してみてくださいね!

 

今回の放送の全容は、以下のリンクボタンより、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【12月26日(水)放送】

<今日の出演ママ情報>

松原 民絵(まつばら たみえ) 
心と体を元気に整える!バランスボールインストラクター。アメブロ:https://ameblo.jp/tami-brog/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ ふじよ / PIXTA(ピクスタ)