CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 自宅で簡単!100均グッズで作れる「モンテ風おもちゃ」とは

自宅で簡単!100均グッズで作れる「モンテ風おもちゃ」とは

『おもちゃで遊ぶママと子供』画像:Ushico / PIXTA(ピクスタ)

画像:Ushico / PIXTA(ピクスタ)

モンテッソーリ教育では、“教具”を使って教育を行っているとのこと。しかし、自宅で使える“モンテ風おもちゃ”を、簡単に手作りすることもできるんだそうですよ。

そこで今回は、モンテッソーリ、リトミックのこどもきょうしつBrioを主宰している安江秋さんに、“モンテッソーリ教育の自宅での取り入れ方”をお聞きしました。

■1:ダミーティッシュ

モンテッソーリ教育の教具

画像:CUCURU編集部

“モンテッソーリ教育”は好きなものをたくさんやらせてあげることで、能力を伸ばしてくというものですが、この教育法を自宅で取り入れることはできるのでしょうか?

「自宅で取り入れる方法はたくさんあります。教室ではモンテッソーリの教具といわれるものを使っています。

これらの教具は、緻密に作られており高価なものが多いのですが、子どもが小さい時期に使用することができるものは、100均で売られている材料で作ることができます」

どんなものがあるのでしょうか?

「例えば、ボックスティッシュです。これは、100均で売られているフェルトをティッシュぐらいの大きさに切り分けて、互い違いに織り込んで箱に詰めたものです。

そうすることで、本物のティッシュみたいに出すことができます。

本物のティッシュではなくフェルトのティッシュにすることで、ママも安心して遊ばせてあげることができます。これを、“運動の敏感期”の“ひっぱる”という動きが好きな時期にやらせてあげるのがオススメです」

 

■2:ハマる子続出のチェーン

今日の出演ママ:安江秋さん

画像:CUCURU編集部

他にも手作りできる教具はあるのでしょうか?

「引っ張るものつながりでいうと、100均グッズのチェーンを使ったものがあります。プラスチックのチェーンを円柱形の容器に入れて、穴の開いた蓋から出し入れできるようにします」

穴は簡単に開けることができるのでしょうか?

「弾力性のあるものでしたら、カッターなどであけることができます。チェーンの最後の部分には、蓋に開けた穴より大きいリングを取り付けて、チェーンが飛び出さないようにしています」

可愛らしい色で作ることができるのですね。

「おもちゃは、高価なわりにすぐに飽きられてしまうこともあります。ですが、100均の材料で手作りしたおもちゃなら、遊びたい時期がすぐに過ぎてしまってもいいですよね」

最後に、モンテッソーリ教育の視点から伝えたいことはありますか?

「とにかく、子どもを見守ってあげてほしいと思います。ただ、ママも忙しいですし、イライラしてしまうこともあると思います。なので、100%やらなければいけないと思わないでくださいね」

 

いかがですか?

モンテッソーリ教育の教えを通じて、子どもの日々の成長を楽しく見つめてあげるようにしていきたいですね。

 

今回の放送の全容は、以下のリンクボタンより、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【12月25日(火)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

 

安江 秋(やすえ あき)
モンテッソーリ、リトミックのこどもきょうしつBrioを主宰。アメブロ:https://ameblo.jp/sing-sing-brio

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ Ushico / PIXTA(ピクスタ)

Recommend今あなたにおすすめ