CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 未来の自分を想像しよう!「将来を見据えた住まいのつくり方」とは

未来の自分を想像しよう!「将来を見据えた住まいのつくり方」とは

『マイホームを見上げる家族』画像:ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

画像:ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

夢のマイホームを建てるとき、今の生活のことを中心に考えて建てていませんか? しかし、この先長く住むことを考えたとき、しっかりと将来を見据えた家づくりをしていかなければいけませんよね。

そこで今回はアキュラホームで家事がラクな住まいを開発し、ママにゆとり時間を提供している髙橋奈美さんに、“将来を見据えた家づくり”についてお聞きしました!

■将来を見据えて、広めのスペース配分に

今日の出演ママ:髙橋奈美さん

画像:CUCURU編集部

家を建てるの大切なポイントは3つ。前回お話いただいた“家事が楽にできること”、“子供が自立すること”と、今回お話しいただく“将来を見据える”ということ。最後の“将来を見据える”というのは、どのように考えていけばいいのでしょうか?

「現代はどんどん平均寿命が延びてきていますよね。例えば30代で家を建てたとして、80代になるまで50年もあります!

現在のことだけを考えて家を建てると、将来のライフスタイルや家族構成の変化した際に、間取りの変更やリフォームのするときの負担が大きくなってしまうことも……。

なので、家を建てるときから将来のことを考えておくのがとても大切ですよ」

具体的には、どんなことを考えておけばいいのでしょうか?

「1階でほとんどの生活ができる住まいは、歳をとったときにも使いやすい住まいですね。

例えば、トイレや玄関、お風呂などを少し広めにしておくことで将来快適に生活することができます。また、リフォームも少なくて済みますよ」

なるほど。車椅子を使わなければいけなくなったときやトイレに付き添いが必要になったときなど、少しスペースがあることで動きが取りやすくなるんですね!

 

■トイレの位置が重要!

将来のことを考えた家を立てるために、スペースを広めにとる以外にオススメの方法はありますか?

「トイレの位置は、主寝室から近い方が将来的にはオススメです。しかし、主寝室から直接トイレに行くことができる扉はあまり付けないですよね。

そこで今は扉をつけていなくてもいいのですが、将来的に主寝室からトイレに直接行くことができる扉を付けることができる構造にしておくといいですよ。

そうすると、将来リフォームをするときなどに予算を少なくすることができます。

トイレの位置は将来的に重要になってきたりするので、ぜひ今から考えてみてくださいね」

 

いかがですか?

これからマイホームを建てることを考えている方は、ぜひ3つのポイントをしっかり考えて、素敵な家づくりをしてくださいね!

 

<今日の出演ママ情報>

 

髙橋 奈美(たかはし なみ)
アキュラホームで家事ラクな住まいを開発中!ママにゆとり時間を……。HP:https://www.aqura-nagoya.jp/index.html

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ ふじよ / PIXTA(ピクスタ)