CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ドラマコンプライアンスチェック!婚前逃亡の花嫁は罪になるのか弁護士が解説

ドラマコンプライアンスチェック!婚前逃亡の花嫁は罪になるのか弁護士が解説

かつて放送されていた「昼ドラ」のようなドロドロとした恋愛物語では、望まない結婚を親から強要された女性が結婚式の前日や当日に、ひそかに付き合っていた男性と逃げてしまうシーンがよくありました。

「そんなことあり得ない」と思ったりもしますが、そこはテレビの世界。仮に自分が被害者になってしまった場合、損害賠償などを求めたくなります。

そこで今回は「ドラマコンプライアンスチェック」。秋葉原よすが法律事務所の近藤美香弁護士に「結婚式当日に逃げ出す行為」を弁護士目線で検証してもらいました!

Q.ドラマなどで目にする結婚式前日や当日に花嫁が逃げる行為。本当にやったら違法?

A.結婚式から逃げる行為自体は罪にはなりません

近藤弁護士:「結婚式をすっぽかすこと自体は犯罪にはなりません。しかし、もっと早くに挙式を断ればキャンセル料ぐらいで済んだのに、あえて当日に逃げ出す方法を選択したことよって、多額の結婚式や披露宴の費用が発生したような場合は、当該費用を損害として逃げた花嫁に請求すれば、認められる可能性があります。

ただし、列席者からいただいたお祝い金などがある場合は、そのお祝い金分は損害が補填されるという考えもあり得ます。一方で、主役が逃げたことによって結婚式が台無しになってしまった以上、お祝い金は受け取れないとして、返還した場合は補填は認められないでしょう。

また、このような場合は、結婚式をすっぽかされたことで受けた精神的苦痛に対する損害賠償(慰謝料)を請求することも可能な場合があるでしょう。

ただし、原因が逃げられた側にあるような場合などは、逃げた側だけが損害額を負担するという結論にならないこともあるでしょう。」

逃げる行為が犯罪になることはありませんが、逃げた側への損害賠償請求は認められる可能性が高いようです。実際にこのようなことが起こらないよう、願いたいものです。

 

*取材協力弁護士:  近藤美香(秋葉原よすが法律事務所。家事事件を専門的に取り扱い、500件以上の家事事件を取り扱った経験を持つ。JADP認定の夫婦カウンセラーの資格を保持している。)

*取材・文:櫻井哲夫(本サイトでは弁護士様の回答をわかりやすく伝えるために日々奮闘し、丁寧な記事執筆を心がけております。仕事依頼も随時受け付けています)