CUCURU(ククル) > ライフスタイル > インスタグラマーと名古屋の老舗人形店がコラボ!おひなさまの飾り方とは?

インスタグラマーと名古屋の老舗人形店がコラボ!おひなさまの飾り方とは?

ひな人形①

画像:花井知之

初春の3月3日といえば、女の子の健やかな成長と幸せへの願いを込めた、ひな祭りが伝統的な行事になっています。

春を感じる季節に、華やかなおひなさまを飾り付けるのは、女性ならではの楽しみですね。

今回は、今だからこそ楽しみたい“おひなさまの飾り方”を名古屋在住の人気インスタグラマーの@meguri.kさんが提案してくれました!

使用するおひなさまは、名古屋市天白区に本店をかまえる『人形の好洋』のひな人形。

技術に裏打ちされた上品な人形を取り揃えており、伝統的な人形からデザイン性の高い人形まで幅広く生み出す老舗人形店です。

 

■そもそも「ひな祭り」とは?

ハロウィンやクリスマスなど、海外から渡ってきたイベントも人気ですが、日本ならではの伝統行事も受け継がれていますね。

お盆や節句などの季節の行事、お子様の成長を祝うような七五三なども昔ながらの風習です。

例えば、ひな祭りは“上巳(じょうし)の節句”とも呼ばれ、厄除けの風習が元になって誕生した行事です。

日本では古くから、草や紙で作った人形(ひとがた)で体を撫で、自分の厄を移してから、水に流してお祓いをしており、こうした風習がひな祭りの誕生の背景だといわれています。

おひなさまにお子さまの厄を引き受けてもらう。今ほど医療が発達していなかった時代こそ、ひな祭りは子どもの成長を祝い願われて行われた行事だったのですね。

 

■おひなさまの飾り方とは?

画像:人形の好洋

以前は、おひなさまといえば、3段・5段・7段などの段飾りを日本家屋の和室に置くことが主流でした。

しかし、最近ではさまざまな住宅の形があり、飾る場所や保管場所の確保という点からも、段飾りではなくお内裏様とおひな様を飾る「親王飾り」を選ぶ方も増えてきました。

三人官女や五人囃子がいない分、飾り方を工夫して楽しめるというのも時代に合っているのかもしれませんね。

もともと、伝統行事ではあるものの地域性などによってもルールが異なるもの。

例えば、並べ方では関東飾りと京都風といって、お内裏様とおひな様の位置が左右逆になります。

ひな人形

画像:花井知之

京都風では、左は右よりも格が高いという古来の考え方から、お内裏様は左側(向かって右側)に。しかし西洋文化の“右が上位”という考えの影響を受け、大正時代から関東ではお内裏様が右側(向かって左)となったそう。

地域や時代によって考え方は変わっていきます。ぜひ、「おひなさまはこういうもの」と考えず自由な発想で飾ってみてくださいね。

 

■リビングで身近な存在として…

ひな人形

画像:花井知之

親王飾りの良いところは、場所をとらないため、リビングやダイニングなどの身近な生活空間におけることです。

せっかく季節の行事なので、飾っている期間は寄り添うように生活できるのもいいですね。

家族で食事をしながら、おひなさまとだんらんを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

■あえて小さめサイズのおひなさまも

おひなさまもサイズはさまざま。小さめサイズを選ぶことで、キャビネット等の空間を利用することも。

おひなさまが今より身近だった時代は、ひな人形が遊び道具だったこともあるようですが、こちらも“おままごと”のようで可愛らしいですね。

 

■まるでインテリア!?

インテリア小物や間接照明と一緒に飾っても家の中が華やぎます。

洋室のなかでも、飾り方を工夫するとおひなさまも違和感なく飾ることができます。

 

■やっぱり和室でも

和室の空間にもちろんピッタリです。床の間などに飾ってあげてくださいね。

上記の写真のように金屏風などを配置し飾るのも伝統的で素敵ですし、下記のようにシンプルに置いてみても十分に素敵ですよ。

最近では、和洋室の住宅も増えているようですね。直射日光があたる場所への設置はNGなのですが、家の造りを利用した飾り方をぜひ試してみてください。

 

ひな人形は女の子の初節句から、長いときを一緒に過ごす存在です。

傷まないようにするには、主に2点の注意が必要です。

物が当たりやすい場所や油が飛ぶようなところに置くのはNGです。また直射日光が当たると、変色や退色してしまいますので、お気をつけください。

 

毎年のおひなさま、せっかくなので“どんなところに飾るか”“どんな風に飾るか”を工夫して楽しんでみてください。

今回使ったひな人形は、『人形の好洋』で見ることができますよ。みなさんもぜひお店に足を運んでみてくださいね!

おひなさまの飾り方もご相談いただけますよ。

<店舗情報>
人形の好洋
住所:名古屋市 中区栄3丁目20-12(栄店)、名古屋市天白区元八事1-39(天白店)
電話:(052)251-5881(栄店)、(052)831-3914(天白店)
営業時間:10:00~17:00(栄店)、10:00~19:00(天白店)
HP:http://www.kouyou.com

【撮影協力】
meguri.k
旭化成ホームズ株式会社
セキスイハイム中部株式会社
株式会社桧家住宅
CBCハウジング名駅北
ACTUS 名古屋店

【画像】
※ CUCURU編集部
※花井知之

Sponsored by 人形の好洋

【関連記事】
プロがおすすめ!伝統的な「ひな祭り」のイマドキ、知ってる?