CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 我が子の手形でクリスマスアート!? 素敵な「パステル手形アート」の作り方

我が子の手形でクリスマスアート!? 素敵な「パステル手形アート」の作り方

パステル手形アート

画像:CUCURU編集部

お子さんの手形や足形を使って作る“パステル手形アート”。カラフルで完成度の高いものばかりですが、実は誰でも簡単にチャレンジすることができるのだとか。

そこで今回は、Meetch式パステルアート創始者で、ママと赤ちゃんの手形アート教室主催している鈴木未樹さんに、“Meetch式パステル手形アートの作り方”について詳しいお話を伺いました。

■お子さんの手形でウサギやトナカイも描ける!

今日の出演ママ:鈴木未樹さん

画像:CUCURU編集部

実際に作品を見てみると、さまざまな種類がありますね。よく見ると手形や足形ですが、紙に押し付けたときにできる隙間などをうまく利用して、ウサギやトナカイ、サンタのソリの絵柄になっているものも。

「このウサギの作品は、自分の手形をウサギにしてほしいという女の子の思いからできた作品なんです。

その他にも、小さな赤ちゃんの足形を使ったクリスマスのトナカイの絵柄の作品などもありますよ」

 

■パステルアートの描き方!

パステル手形アート

画像:CUCURU編集部

実際に“パステル手形アート”を作るときは、どのくらいのサイズの紙を用意すればよいのでしょうか?

「基本のサイズは15cm×15cmに大きさに切った画用紙です。でも、細かい決まりがあるわけではないので、はがきや色紙に作ったり、大きな画用紙で家族全員分のものを作ってみるのもいいですね」

作品を作るときには、まずなにから始めたらいいのでしょうか?

「まず、紙にお子さんの手形をスタンプします。このときに使う画材はパステルの画材を削って粉にしたものです。

この粉を手の平に軽くなじませてスタンプしましょう」

紙にスタンプするときは、色を選ぶためにどんな作品にするのか決めておくのでしょうか?

「これは、人それぞれです。たくさんサンプルを並べて選んだり、そのときの気分で気になる色を選ぶ場合やお子さんが好きが色を選ぶこともあります」

では、手形を押したとはどうするのでしょうか?

「手形を見て、どんなデコレーションにするのか考えてみてください。手形をどうやってかわいくしてあげるのを考えながら進めるといいですよ。

例えば、ウサギの絵柄にしたいと思ったら、周りにどんな模様を入れるのか良いか、自分の子供が好きな模様はなんだったかなどを考えながら描いてみてください。手形を押したお子さんのことに注目して周りのデコレーションを完成させるのがポイントです。

また、作品の模様の中に白く色抜きされた部分があるのですが、それは実は消しゴムで消している箇所なんです。色を塗って後から消すこともできるので、失敗も少ないんですよ」

 

いかがですか?

家族みんなの手形や、足形でお子さんと一緒にイマジネーションを働かせて素敵な作品を作ってみてくださいね!

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【12月20日(木)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

鈴木 未樹(すずき みき) 
Meetch式パステルアート創始者。ママと赤ちゃんの手形アート教室主催。アkl、メブロ:https://ameblo.jp/chibimama530/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部

Recommend今あなたにおすすめ