CUCURU(ククル) > エンタメ > 松本人志「M-1騒動」で優勝が霞んだ『霜降り明星』にした神対応とは

松本人志「M-1騒動」で優勝が霞んだ『霜降り明星』にした神対応とは

松本人志 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

12月9日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、『とろサーモン』の久保田かずのぶの『M-1グランプリ2018』の審査員批判について、コメンテーターの松本人志が断罪した。ほとんどの視聴者は松本の意見に賛同したが、「松本だけは後輩を擁護すべきだったのでは」と指摘する声もあるという。

松本は「僕も審査員に生放送でたてついたことがある」と若手時代の自身の振る舞いについて振り返った。ただ「お酒に任せて言ったことはない」「本人に直接言ってきた。お笑いに関係のない審査員だった」などと、久保田との違いを強調。

その上で、「彼らは勉強不足」と、審査員批判を繰り広げた久保田、『スーパーマラドーナ』の武智を批判。同時にお笑い界に貢献してきた上沼恵美子を「どれだけの人か…」「あの人の功績を考えたら、勉強が不足していることも勉強できていない」と語ると、東野幸治も松本に同調し、2人に苦言を呈した。

 

松本人志の批判に視聴者感激

視聴者は松本の意見におおむね同調。今田耕司などそのほかの“よしもと芸人”が久保田と武智を擁護していただけに、

《やっと言いたいことをいってくれた!》
《他の芸人とは違うね。見ていて胸がスッとしました》
《まっちゃんだけが、私たちの言いたいことを言ってくれた感じ》
《松本が怒ってくれて本当によかった。あの2人は実力もないのに調子に乗りすぎ》

といった声が上がっている。

ただ、現在SNSで猛批判を浴びている後輩芸人を守らなかったことに関して、

《松本に言われると誰も何も言えなくなっちゃう》
《松本人志の酷評にガッカリ。久保田と武智はしばらく心無い言葉を浴び続けるだろうな。かわいそうだ》
《相手がたとえ松本人志だろうがビートたけしだろうが、不満があるなら批判すればいいと思うけどな》

といった声もある。

「今回の『ワイドナショー』には、『M-1』優勝コンビの『霜降り明星』が出演。松本は彼らのツッコミフレーズを番組内で繰り返していました。優勝したのに久保田に話題をかっさらわれた『霜降り明星』を目立たせるために、盛り上げていたのでしょう。今回の騒動で一番かわいそうなのは間違いなく『霜降り明星』。松本はそこを一番気にかけているのだと思います」(お笑い誌記者)

先輩の顔にも後輩の顔にも泥を塗った久保田と武智。2人が見放されるのも当然だ。