CUCURU(ククル) > グルメ > 1日で2,000枚売れる!? 名古屋・円頓寺商店街『富久屋』の「めんチーたません」

1日で2,000枚売れる!? 名古屋・円頓寺商店街『富久屋』の「めんチーたません」

富久屋【名古屋・西区】

画像:川口めぐみ

みなさんは、“たません”というおやつを食べたことがありますか? 卵やマヨネーズなどのトッピングをせんべいの間に挟んだもので、お祭りの屋台などでよく見かけます。

そんなたませんのおいしいお店を、名古屋・西区の円頓寺商店街で見つけました! その名も、『富久屋』。早速筆者も伺い、実際にたませんを食べてみました。

■名古屋駅からすぐ!

富久屋【名古屋・西区】

画像:川口めぐみ

名古屋駅から徒歩8分、那古野交差点を少し過ぎたあたりを右折すると円頓寺商店街があり、その入口付近にお店があります。

富久屋【名古屋・西区】

画像:川口めぐみ

入口にはマドガあり、手作りの商品がずらり。たませんの味を選べる札も並んでおり、この札を持って入店したり、店内で直接注文したりすることができます。

店内には数名がけの椅子が一つあり、注文した商品が出てくるまでの間に座って待ったり、お店の方と談笑したり。

混雑時でなければそのまま座って食べてもOKですよ。

 

■一番人気のメニューは?

富久屋【名古屋・西区】

画像:川口めぐみ

富久屋ではたませんをはじめ、五平餅、みたらしだんご、大判焼きといった、懐かしいおやつがたくさん売られています。

その中でも一番人気のメニューは、たませんの『めんチーたま』(350円)。たませんとは大判のえびせんべいを焼いて、その中には目玉焼き、天かすを入れるのが基本のスタイル。

めんチーたまは、目玉焼き、天かすの他にとろけるチーズと明太子が入っています。

富久屋【名古屋・西区】

画像:川口めぐみ

筆者も人気ナンバー1のめんチーたまをいただきましたが、「こんなにもおせんべいと合うとは!」と驚いてしまいました。

明太子も辛すぎたりすることなくチーズがまろやかなので、子どもでも食べられそう。えびせんべいもパリパリで美味しく、出来立てをハフハフいただくのがオススメです。

 

■なんと1日で2,000枚売れることも!

富久屋は創業1959年ということもあり、子どもから年配の方まで幅広い年代から愛されています。

地元のお祭りの際は、1日でなんと2,000枚以上売れることもあるそうですよ。筆者がお伺いした際も、近隣住民の方や学生の方がひっきりなしに来店し、お店の方と親しげにお話する様子が印象的でした。

 

いかがですか?

地元の方に愛されるお店『富久屋』へ、名古屋のソウルフードたませんを食べに、ぜひ足を運んでみてくださいね!

<店舗詳細>
富久屋
住所:愛知県名古屋市西区那古野2-13-13
アクセス:名古屋駅から徒歩8分ほど、円頓寺本町商店街西の入口です。
電話番号:052-541-0763
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜日、祝日

【画像】
※ 川口めぐみ

※ 記事の内容は、2019年1月時点の情報です。