CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ママ必見!「敏感期」を知ればイヤイヤ期は怖くない

ママ必見!「敏感期」を知ればイヤイヤ期は怖くない

『親子』画像:A_Team / PIXTA(ピクスタ)

画像:A_Team / PIXTA(ピクスタ)

お子さんの自我が芽生えてくる2歳頃に突如として現れるという“イヤイヤ期”。何をしても“イヤっ!”と反応されてしまい、ママもお手上げ状態になることも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、モンテッソーリ、リトミックのこどもきょうしつBrioを主宰している安江秋さんに“お子さんの敏感期”についてお話を伺いました!

■いつもと同じじゃなきゃイヤ!「秩序の敏感期」とは

2歳ぐらいになると、“イヤイヤ期”と呼ばれる時期が始まることも……。

「“魔の2歳児”なんて言う方もいらっしゃいますよね。

実はモンテッソーリ教育の考え方の中でも、その時期と重なる頃に“秩序の敏感期”というものがあるんです。

これは、お子さんが“いつもと一緒がいい”と思ったり“整えたい・並べたい”と強く感じる時期のことです」

秩序が乱れないようにしたいと感じる時期があるんですね!

「その“秩序の敏感期”が強く出るタイミングが、自我が芽生えてくるイヤイヤ期とちょうど重なるといわれています。

また、この時期の“秩序”というのは、お子さんの頭の中の秩序のため、大人の考える秩序とは合わないことも。

例えば、送り迎えのルートを急に変えたりすると秩序を乱されてお子さんは“イヤッ!”と反応してしまうんです。しかし、“秩序の敏感期”というものをママたちが知らないと、お子さんの行動を理解してあげられず、つい怒ってしまうことも。

ですが、“秩序の敏感期”というものを知っていれば、お子さんを怒るのではなく説明したり説得したりといった声掛けができますよね。

他にも“いつもと同じがいい”という感情が強く出る時期には、いつもお父さんが座る椅子に他の人が座るとお子さんが怒ってしまうことも。意地悪をしているわけではなく、秩序が乱れることを不快に感じているのだと思います」

そういった行動を前向きに考えると、いつもの行動をしっかり記憶しているということですね。

 

■さまざまな敏感期を把握しよう

今日の出演ママ:安江秋さん

画像:CUCURU編集部

お子さんの成長の中には、他にもさまざまな時期があると考えられているんですよね。

「“秩序の敏感期”以外にも、“数の敏感期”や“運動の敏感期”などがあります。このときの“運動”とは、スポーツのことではなく動きのことです。

例えば、石を側溝の溝に落としたり、ティッシュを何枚も引っ張り出したり、階段の上り下りをしたり……。その他にも、ママのお手伝いを率先して一緒にやりたがるのもその時期なんです。

また、その時期には“お手伝いは危ないから”といって全くやらせてあげないのではなく、お子さんができるように合わせてやらせてあげるというのも大切ですよ」

こういったさまざまな“敏感期”に、お子さんに合った行動をやらせてあげることでより一層の成長が目指せるのですね。

「お子さんがなんでも吸収しやすい時期が“敏感期”だと思います。

この時期を大人がしっかり把握してお子さんそれぞれに合ったものを与えてあげると、きっとどんどん吸収して成長していきますよ」

 

いかがですか?

今まさにイヤイヤ期のお子さんと戦っているママは、お子さんの行動を見る目が変わるきっかけになったのではないでしょうか。しっかりと“敏感期”を見分けてさまざまな経験をさせてあげるといいかもしれませんね。

 

『キラママ de CUCURU』は、以下のリンクボタンより、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【12月18日(火)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

 

安江 秋(やすえ あき)
モンテッソーリ、リトミックのこどもきょうしつBrioを主宰。アメブロ:https://ameblo.jp/sing-sing-brio

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【参考】
日本モンテッソーリ教育綜合研究所

【画像】
※ CUCURU編集部
※ A_Team / PIXTA(ピクスタ)

Recommend今あなたにおすすめ