CUCURU(ククル) > グルメ > ケーキなのに糖質86%カット!? シャトレーゼの「糖質カットスイーツ」が本格的

ケーキなのに糖質86%カット!? シャトレーゼの「糖質カットスイーツ」が本格的

画像:野村純子

12月になるとケーキなどのスイーツを食べる機会が増え、食べ過ぎや体重増加が気になる人も多いはず。

洋菓子、和菓子などを製造販売する“株式会社シャトレーゼ”では、糖質カットスイーツを販売しています。なかには糖質を86%もカットしたケーキまでありますが、どんな味なのでしょうか?

今回はライターの野村純子さんに、シャトレーゼの“糖質カットスイーツ”から3つを実食していただきました!

■1:糖質50%カットのチョコクリームエクレア(税込108円)

まずは、『糖質50%カット ※ のチョコクリームエクレア』。※ シャトレーゼエクレアと比較

画像:野村純子

糖質カットスイーツはどれも冷凍状態で販売されているので、10℃以下で5~6時間解凍してからいただきます。冷凍さえしておけば保存期間が長いのもうれしいですね。

画像:野村純子

見てください、このクリームの量! パッケージがなければ、ボリューム、食感、味、どれを取っても糖質カットスイーツだとは分からないのではないでしょうか。

シャトレーゼの糖質カットスイーツは、食後の血糖値上昇を調査し、日本糖尿病学会においても発表されています。糖質コントロールへの取り組みに関しても本格的なんですね。

 

■2:糖質82%カットのプリン キャラメルナッツクリーム(税込172円)

続いては、『糖質82%カット ※ のプリン キャラメルナッツクリーム』。※ 日本食品標準成分表2015カスタードプリンと比較

画像:野村純子

糖質カットスイーツなら、上にのっている“キャラメル風味の純生クリーム”がなくても納得しそう。しかし、このひと手間が、スイーツの満足感を上げてくれている気がします。

しかも1個当たり135キロカロリーと、クリームがのった他社のプリンと比べても、大幅なカロリーダウンを実現しています。

 

■3:糖質86%カットのムースケーキ ショコラ&フランボワーズ(税込250円)

そして最後は、『糖質86%カット ※ のムースケーキ ショコラ&フランボワーズ』。※ 日本食品標準成分表2015ショートケーキと比較

画像:野村純子

11月2日に発売されたムースケーキは、糖質が86%もカット! 砂糖の代わりにノンカロリー甘味料を、小麦粉の代わりに食物繊維を使用しているそうで、原材料名には“こんにゃく加工品”との表示もありました。

画像:野村純子

下から、ココアスポンジ、フランボワーズムース、ショコラムース、グラサージュショコラの4層。すべて低糖にもかかわらず、スイーツ本来の甘みやチョコレートのコクは変わりません。これで202キロカロリーとは驚き!

しいて言うなら、パッケージ写真のようにお皿に出せるタイプだったらもっとよかったかも。

 

いかがですか?

糖質カットとはいえ食べ過ぎてはいけませんが、ほかの食事も含めたトータルの摂取量が気になる時期だからこそ、上手に活用するといいかもしれませんね。

【画像】
※ 野村純子

※ この記事は、2018年12月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ