CUCURU(ククル) > グルメ > 青柳ういろうの和菓子ランチ!和カフェ『ウィロウズ』がららぽーと名古屋で人気

青柳ういろうの和菓子ランチ!和カフェ『ウィロウズ』がららぽーと名古屋で人気

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:青柳総本家

9月にオープンしてから2カ月ほど、まだまだ話題の『ららぽーと名古屋みなとアクルス』。その中にある蔦屋書店内にオープンしたのが『喫茶Willows(ウィロウズ)』。実は名古屋名物ういろうでお馴染みの『青柳総本家』が展開する、新業態の和カフェなんだとか。

コーポレートカラーのグリーンを基調とした落ち着いたお店では、丁寧に点てたお抹茶と和スイーツ、さらにモーニングやランチメニューもいただけるそうですよ!

 

■和テイストの落ち着いた空間

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:木村純子

お店があるのはららぽーと名古屋みなとアクルス2F、蔦屋書店の中です。2F連絡通路からなら、雨でも濡れずに行けますよ。

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:木村純子

和テイストの空間にはゆったりとしたソファーが。奥のボックス席からは吹き抜けの1Fを見渡せます。

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:木村純子

テラス席も用意あり、陽気のいい季節には外を眺めながらソファー席でくつろぐことができます。

 

■和菓子屋のランチが話題!

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:青柳総本家

人気のランチは『ビーフドライカレー(ピクルスサラダ付き)』(税込880円)。店内で丁寧に仕込んだビーフ100%のカレーは、ピリリと辛くてクセになるドライカレーと、ナスとピーマンの野菜の甘さが引き立ちます。

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:木村純子

軽くてサックリとした食感の自家製パフを使った『Willowsパフ オールデイブレックファースト』(税込780円)。粗びきのソーセージやゆで卵を添えて、バルメザンチーズを散らしています。

手作りのタルタルソースとトマトソースの、やさしい味わいが特徴です。

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:木村純子

特別に取り寄せているというこだわりのソーセージが、とってもジューシーでした!

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:青柳総本家

Willowsパフを使った和スイーツ『Willowsパフ withソフトクリーム&つぶあん』(税込680円)も人気!

パフを使った2つのメニューは、10時~11時のモーニングタイムには、お値段そのままでドリンクが付いてきます。とってもお得ですね!

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:木村純子

こちらは新食感の野菜ジュース『Willows べジージュース』(税込650円)。バイタミックスでざく切りした人参・小松菜・パプリカなど6種の野菜に、レーズンと砕いたアーモンドが入った、食感も楽しい一品です。

これだけで“サラダ一食分”の野菜を手軽にいただけますよ。

 

■お抹茶とういろうでまったり

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:木村純子

ショッピングのひと休みには、地元愛知県の西尾の抹茶を使った『お抹茶セット』(税込700円)がおすすめ。

青柳総本家店自慢の『ひとくち生ういろう』や『カエルまんじゅう』、『青柳小倉サンド』から好きなもの一つをセットにできます。

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:木村純子

もっちりとやわらかな『ひとくち生ういろう』(税込140円~)は、季節ごとにお味が変わります。お持ち帰りもできますよ。

喫茶Willows(ウイロウズ)【名古屋・港区】

画像:木村純子

注文してからたててくれるお抹茶の器は、ニューヨーク近代美術館『MoMA SHOP』へも出品している、岐阜県多治見市出身の陶芸家、宮木英至さんの作品です。

 

いかがですか?

名古屋の老舗和菓子処が営む、食器にもこだわった憩いの和カフェ『喫茶Willows(ウィロウズ)』。ぜひみなさんも、足を運んでくださいね!

<店舗情報>
喫茶Willows(ウィロウズ
住所:愛知県名古屋市港区港明2-3-2 ららぽーと名古屋みなとアクルス 蔦屋書店2F
電話番号:052-304-8548
営業時間:10:00~21:00(L.O.フード20:00、ドリンク20:30)
定休日:蔦屋書店に準ずる
駐車場:あり

【画像】
※ 木村純子

※ この記事の内容は、2018年12月時点の情報です。