CUCURU(ククル) > ライフスタイル > イオン長久手で体験可!新感覚の粘土クラフト「クレイクチュール」って?

イオン長久手で体験可!新感覚の粘土クラフト「クレイクチュール」って?

カラフルな粘土を使用して、アクセサリーや小物などを手作りできる“クレイクチュール”をご存知ですか?

毎月第4月曜日に名古屋市中区の大塚屋本店で開催されている体験会では、ブレスレットもネックレスもボタンも作れるんです! 今回は筆者が参加してきましたので、その様子をご紹介します。

 

■アクセサリーもインテリアも作れる、クレイクチュールって?

クレイクチュールはクラフト用樹脂粘土を材料に、アクセサリーやステーショナリー、インテリア雑貨などを作れる新しい粘土クラフトのこと。

粘土も色が50種類以上あり、混ぜ合わせるのが簡単なので、無限にオリジナルの色が作れます。マーブル状に仕上げれば、半貴石みたいになりますね。

画像:河合郁子講師

作り上げた作品は120度のオーブン加熱して仕上げることで、軽くて強い耐水性のあるものができるんです。

加熱するまでは何度も作り直しや、途中で保存ができるのもうれしいところ。作れるものは本当に様々で、こんなきれいなボックスなどもできます。

画像:河合郁子講師

画像:河合郁子講師

キレイでワクワクしますね。まだ新しいクラフトなので、あなたのアイデアが存分に活かせる世界でもあります。大切な人のために作ってプレゼントするのも記念になりそうです。

画像:河合郁子講師

画像:河合郁子講師

 

■子どもと一緒に、アクセサリー作りにチャレンジ!

素材になるプレモ粘土は、手にくっつかず、においも少なく、安全性の高いもの。

画像:かねお友香

まず、プレモ粘土をこねこねします。ここで色を作ったり合わせたりして、さらに練っていきます。専用の型を使う場合は、型に押し込んで取り出すだけ。

画像:かねお友香

画像:かねお友香

型を作ったり好きな形にして、先のとがったもので形を整えます。こちらは大塚屋で販売していたパーツを利用。はみ出したところをきれいにします。

画像:かねお友香

画像:かねお友香

その後、専用オーブンで焼成します。粘土をこねたりして形を作っていくと、なんだか童心にかえります。しかも子どもと一緒に制作を楽しむことができ、作品が残るので思い出作りにもなりそうです。娘さんと体験にきて、お母さんの方が夢中になって“少女”に戻る人が続出だそうですよ。

少女時代には不器用女子で有名だった筆者ですが、下手なりに頑張りました! このほかにも素敵なネックレスもできましたよ。

金具に付けてピンにしています。残りはアクセサリーボックスにくっつけて飾ろうかなと思います。

画像:かねお友香

先生が作った作品はこちら。さすがに美しいですね!

画像:河合郁子講師

 

クレイクチュール講座は、現在、イオン長久手店内のイオンカルチャーでも開講中。体験会や講師養成コースもあるので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

 

<開催情報>

大塚屋車道店・クレイクチュール講習

住所:名古屋市東区葵3-1-24 4Fクラフト売り場 講習会場
時間:10:30~12:00.13:30~16:00
料金:3,240円(税込み、材料費含む)
HP:http://otsukaya.co.jp/

 

イオンカルチャークラブ長久手・クレイクチュール講座

会場:イオンカルチャークラブ長久手

住所:長久手市長久手中央土地区画整理地事業地内5・10・11街区
日程:第1月曜
時間:10:30~12:30
電話番号:0561-64-5186
料金:体験受講料1,080円、受講料3,240円/月、運営維持費324円
HP:https://www.aeonculture.jp/products/detail.php?product_id=9695
※ 体験会は随時開催、体験教材費3,000円、持ち物なし

 

【画像】

※ 河合郁子講師

※ かねお友香