CUCURU(ククル) > グルメ > 和食を食べよう!受験シーズンにもピッタリの「勝ち飯Ⓡ」とは

和食を食べよう!受験シーズンにもピッタリの「勝ち飯Ⓡ」とは

画像:CBCテレビ

来年1月の入試に向けて、勉強を追いこんでいる受験生も多いのではないでしょうか?

11月24日は「和食の日」ということで、2018年11月24日(土)に放送のCBCテレビ『花咲かタイムズ』では、受験生の食生活をサポートする「勝ち飯Ⓡ」を取り上げました。

受験生のカラダづくりを応援する「勝ち飯Ⓡ」に取り組んでいる味の素(株)が、河合塾とコラボしているんですよ。

 

■「勝ち飯Ⓡ」とは?

光山アナウンサーがお邪魔したのは名古屋にある河合塾。

名古屋には河合塾の寮が4つあり、この日お邪魔した啓発寮はおよそ80人の受験生が過ごしています。

一人一部屋、お風呂、トイレ付き。塾生専用で安心快適に受験勉強をフルサポート。勉強に集中できる自習室を完備しているほか、寮長、寮母は常に在室しているので、夜中の急な病気のときにも連絡がとれるので安心の環境なんです。

画像:CBCテレビ

そんな河合塾の寮では、栄養たっぷりの食事「勝ち飯Ⓡ」もご用意されています。

河合塾の食堂で「勝ち飯Ⓡ」を食べ、医学部に合格したOBにもお話を聞きました。

画像:CBCテレビ

河合塾OB「“勝ち飯Ⓡ”を食べてすごくバランスもよくて美味しかったです。勉強もはかどったと思います。」

「勝ち飯Ⓡ」とは、頑張っている様々な人の目標を叶えるカラダづくり・コンディショニングを、バランスの良い三度の食事と、捕食で実現する味の素(株)の長年の食とアミノ酸研究を活かした栄養プログラムなんです。

「勝ち飯®」は、朝・昼・夜3食の「食事」と、必要な栄養素をタイミングよく補う「補食」の2つの要素があるんだとか。

画像:CBCテレビ

食事では「主食」「主菜」「副菜」「汁物」「牛乳・乳製品」の5つの輪を食事の基本形としているそうですよ。

普段の献立で5つの輪を揃えることが難しい場合は、たんぱく質、野菜、汁物の3つを意識します。

 

■「勝ち飯Ⓡ」のメニューをご紹介!

では「勝ち飯Ⓡ」は実際にはどんなメニューでしょうか。

画像:CBCテレビ

この日の「勝ち飯Ⓡ」はこの5品。
主食は豚バラ肉大根。

画像:CBCテレビ

豚肉はビタミンB1が豊富で肉体的な疲労や脳の疲れを改善してくれる効果があると言われています。

汁物では、入れる食材を工夫します。この日の味噌汁には、しめじと小松菜を入れました。副菜はかぼちゃのダシ煮にひじきの白和えという、とてもバランスがいい献立です。

 

■「勝ち飯Ⓡ」を作ってみよう!

「勝ち飯Ⓡ」を、ご家庭で簡単にできる合わせ調味料「Cook Do®きょうの大皿®」豚バラ大根用で調理してみました。

画像:CBCテレビ

まずは、下ごしらえから。
豚バラは一口大に切り、大根は1センチから1.5センチのいちょう切りに。
次に、油を入れ、大根を中火で両面に焼き色がつくまで炒めます。
一旦、大根を皿に移し、豚肉を中火で炒めます。豚肉を炒めたら、火を止め大根を加えます。

そして「Cook Do®きょうの大皿®」豚バラ大根用と決められた分量の水を入れ混ぜ合わせます。再び火をつけ煮立ったら、弱火にして蓋をし、およそ10分間煮ます。
最後に強火で煮汁をからめお皿に移し、お好みで絹さやをトッピングしたら出来あがりです。

光山アナウンサーも実際に食べてみました。

画像:CBCテレビ

光山アナウンサー「豚肉と大根が柔らかくて美味しいですね。すき焼きのような甘辛な煮汁がしっかりと染み込んでいて、これが旨みを引きたててくれて、美味しいです。受験生のみなさん、“勝ち飯®”を食べて、がんばってください!」

味の素(株)は、長年のトップアスリートサポートで得た知見を活かし、“部活生のためのカラダづくり”や、“受験生の風邪予防”など、目標に向かってがんばっている様々な人の健康的なカラダ作りを「勝ち飯®」で応援しています。

画像:味の素(株)

日々、寒さが増して風邪もひきやすい季節になってきました。「勝ち飯®」で元気なカラダづくりを目指してみるのはいかがでしょうか。

 

【画像】
※ CBCテレビ『花咲かタイムズ』

sponsored by 味の素株式会社

※ 記事内の情報は、2018年11月時点のものです。

Recommend今あなたにおすすめ