CUCURU(ククル) > ライフスタイル > これは面白い!大人女子に話題の「個性的な2019年 手帳」2選

これは面白い!大人女子に話題の「個性的な2019年 手帳」2選

画像:CITTA手帳、soranote

来年の手帳はもう購入しましたか? 書店などでもコーナーが設けられ、たくさんの手帳を目にする季節になりましたね。

そこで今回は、面白い特徴のある手帳として女性利用者が増えているオススメ手帳をCafeくろねこさんにご紹介いただきました。

■3年連続 売れ筋ランキング1位!『CITTA手帳』(3,780円)

画像:CITTA手帳

口コミで、初めて一年続いた手帳として女性に人気の『CITTA手帳』。自分の使いたい手帳としてヨガスタジオオーナーが開発した手帳です。

Amazonで“手帳の売れ筋ランキング1位”を3年連続獲得しているというこちらの手帳。

CITTA公認手帳講師、CITTA手帳ライフコーディネーターの古橋優子さんによれば、「一番の特徴は、自分のやりたいことやワクワクが書き出せる“ワクワクリスト”です!」とのこと。

画像:CITTA手帳

CITTA手帳では、従来の手帳のイメージである“予定を書くもの”を、“自分の未来を予約するもの”としているんだそう。

すぐに決まった予定を書き入れるのではなく、まずは毎月の“ワクワクリスト”を書くことから始めます。

“ワクワクリスト”には、自分がやってみたいこと、テンションが上がることなどを書き入れていき、その後で“ウィークリー”や“マンスリー”にいつ行なうのかを埋めていきます。

画像:CITTA手帳

さらに、見通しが持てる“ウィークリー”ページは、24時間均等のバーチカルタイプ。1日、1週間という見えない時間を可視化することで、自分の行動を一目で把握することができます。

いままで見えなかった“余白の時間”に、あなたがやりたかった“ワクワク”を入れて“未来を予約”していくことで、手帳がある毎日が楽しくなりますよ。

 

■まぁるく予定を書き込む!? 見た目も新しい『soranote』(3,690円)

画像:soranote

『soranote』の特徴は、何といってもまぁるく並んだ日付。

これは、デザインでまぁるく並んでいる訳ではありません。月が地球の周りを回るように日付をまぁるく並べてあるのだそう。

画像:soranote

実際に開いてみると、新月から新月の前日まで、 旧暦の一か月が見開き1ページに配置されています。

新月からはじまる月の1サイクルに予定を書き込んでいくと、無意識に使っている四角いカレンダーの直線的な時間の感覚から、らせん状につながる時間の流れが感じやすいんだそう。

月の満ち欠けを感じながら、気分の上がり下がり、生理、排卵、など書き込むことで、自身のリズムも把握しやすいことから、口コミでじわりと人気が出ている手帳です。

画像:soranote

表表紙から開くと左回転のスケジュール、裏表紙から開くと右回転のスケジュールとして使えるのも面白いところ!

2つのスケジュールが出会う真ん中には、“のぞみ”を書くページもあります。月のリズムを活用して予定を立てたり、未来日記として活用してみたり……使い方はあなた次第です。

 

使い方もデザインも特徴ある手帳たち。来年は一味違った手帳を活用してみるのはいかがでしょうか。

<取材協力>
古橋優子・・・CITTA公認手帳講師、CITTA手帳ライフコーディネーター。手帳のより効果的な使い方を各地で指導。
のいともこ・・・『soranote 2019』著者。

【参考】
CITTA手帳 2018 公式ページ
※ soranote公式ホームページ

【画像】
※ CITTA手帳
※ soranote

※ この記事は、2018年12月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ