CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 地下鉄で行ける紅葉スポット!名古屋・千種区『東山動植物園』がライトアップ

地下鉄で行ける紅葉スポット!名古屋・千種区『東山動植物園』がライトアップ

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

いよいよ紅葉の季節ですね。紅葉鑑賞に遠出される方も多いと思いますが、名古屋市内にも、まるで京都にいるかのような紅葉を楽しめるスポットがあります。

名古屋市・千種区『東山動植物園』の植物園では、11月16日(金)から12月2日(日)まで『もみじ狩り』が開催され、たくさんのイベントも催されますよ。

■週末はライトアップも!

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

植物園の敷地は、約27.37ヘクタール。約7,000種類の植物がありますが、この時期は、イロハモミジなど約500本の樹木が紅葉します。

12月2日(日)までの『もみじ狩り』期間中、なかでも見逃せないのは夜のライトアップ。色付いた木々がライトに照らされ幻想的な世界を醸し出しています。

今後ライトアップされるのは、11月22日(木)~25日(日)の間。午後8時半まで開園されます(入園は午後8時まで)。思わずうっとりしてしまう光のトンネルを、ぜひ楽しんでくださいね!

 

■特にきれいな鑑賞スポットは?

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

まず、絶対に寄ってほしいところは、紅いもみじと黄色いタカノツメにぐるっと囲まれた奥池。水面に映る逆さもみじは圧巻です。色付いたもみじと水車を望む風景は心に安らぎを与えてくれそうですね。

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

池の奥には合掌造りの家もあり、軒下の長椅子に座って景色を楽しむこともできますよ。また隣には椿園もあり、早咲きの椿も鑑賞できます。

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

合掌作りの家から星が丘門の方に紅葉のトンネルを抜けると、日本庭園があり、灯籠越しのもみじなど趣深い景色を眺めることができます。

 

■イルミネーションも楽しめる!

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

星が丘門を入ったところにある星が丘広場では“ウェルカムイルミネーション”も楽しめます。かわいらしい小さなおうちの光はふんわりと柔らかで、心が温かくなりますよ。

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

また、大きなお花のライトも自然と融合して、思わず写真を撮りたくなるスポットになっています。写真を撮っている親子連れの方もたくさんいました。

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

さらに、東山動植物園のマスコット・ズーボもいました! きらきら光るズーボ、かわいいですね。

 

■ライブやワークショップもチェック

もみじ狩り期間はさまざまなイベントも催されます。花と木の実でクリスマスの飾りを作れる『森のおくりもの』や『ぷくぷくかわいい多肉植物を植えよう』、合掌造りの家で行われる『いろり端で聞く昔話の会』など、多種に渡っています。日時や料金は、紅葉狩りのパンフレットかホームページよりご確認くださいね。

ライトアップ中も『ランタン制作体験』や『アコースティックライブなどのイベントが開催されます。

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

さらに、ライトアップ中は夜の温室を楽しむことができるので、ぜひ温室にも立ち寄ってみてくださいね。

名古屋・千種区『東山動植物園』

画像:夏目佳代

植物園は、地下鉄東山線星が丘駅から徒歩7分。ドニチエコ切符、一日乗車券を利用すれば、動植物園の大人入場料500円が400円になります。スカイタワー入場料も、大人300円が240円に割引されますよ。

 

いかがですか?

市内にあって地下鉄で行けちゃう紅葉スポット『東山動植物園』。ぜひ足を運んでみてくださいね!

<施設情報>
東山動植物園
住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
電話番号: 052-782-2111
入園時間:9:00~16:30(ライトアップ期間中の植物園は20:30まで開園、入園は9:00~20:00)
休園日:月曜日(祝休日の場合は、直後の祝休日でない日)
入園料:大人500円、中学生以下無料、名古屋市在住の65歳以上の方100円
駐車場:あり(16:30以降、利用出来る駐車場は、星が丘・植物園東・上池・緑橋下・スカイタワー前駐車場の5か所)

【画像】
※ 夏目佳代

※この記事は、2018年11月の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ