CUCURU(ククル) > グルメ > 愛知・犬山城下町で食べ歩くならココ!『昭和横丁』のオススメ串グルメ3選

愛知・犬山城下町で食べ歩くならココ!『昭和横丁』のオススメ串グルメ3選

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

寒さも増していますが、愛知・犬山城下町はいつも観光客や散策の人々で賑わっています。魅力的なお店が多いので、あえて朝ごはんを抜いて1日中食べ歩くのもいいですよね。

さて、今回ご紹介するのは犬山城下町にある『昭和横丁』。こちらは2016年7月にオープンした施設で、現在約15店舗が入っています。

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

どのお店も魅力的ですが、筆者が好きなお店を3つご紹介しますね。

 

■1:カラフルなお団子が人気!『茶処くらや』

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

昭和横丁の入口入ってすぐにある『茶処くらや』では『ハイカラ恋小町セット』(600円)』が人気。筆者も注文してみました。

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠 (グリーンティーなしの場合は500円)

筆者が食べたのは、あまおういちご、夏みかん、ずんだあん、はちみつレモン、もも、こしあんいちご。季節のあんは、モンブラン、キャラメルミルクにしました。

団子を受け取ったら、まずはお店の前のフォトスポットで撮影。それから食べるのが恒例です。

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

団子の上の餡は季節ごとに変わり、旬の美味しいあんと団子と一緒に味わうことができます。

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

餡はそれぞれ素材が練りこんでいるので、ひとつずつ味が違って美味しいです。さらに、フルーツのあんにはフルーツのカットも乗っているので、よりフレッシュな味を楽しめますよ。

ちなみに、土日は1日に500組ほどの方が訪れます。並ぶのはちょっと……という方は、平日の15時過ぎに行くのがおすすめ。スムーズに購入できますよ。

<店舗情報>
茶処くらや
住所:愛知県犬山市犬山西古券60
電話番号:0568-65-6839
営業時間:11:00 ~ 17:00
定休日:火曜日、第3水曜日

 

■2:こだわりの素材の団子『たこ焼き・五平餅 くるみ家』

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

『たこ焼き・五平餅 くるみ家』には、『五平餅』(1本250円)や『自然薯入りのたこ焼き』(500円)、『自然薯入りのもちもちロングポテト』(500円)など、いろいろな種類のグルメがあります。

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

筆者は『高山だんご』(1本100円)、『げんこつくるみ団子』(1本120円)を1本ずつ注文しました。※ お団子は2本からの注文です。

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

素材をこだわっており、豊橋の『丸八製菓』の団子を取り寄せて使用しています。

高山だんごに使用している醤油は、岐阜県・八百津の“だし醤油”。醤油だけではでない、だしの旨味を感じることができるお団子です。軽い食感なので、2個3個と食べたくなる味わいです。

げんこつくるみ団子のきな粉は、犬山の藤沢製菓が製造する“げんこつ飴”に使用しているきな粉を使用。タレは五平餅と同じくるみタレ。

五平餅のような味わいと、上質なきな粉を使用した香ばしさがたまりません!

<店舗情報>
たこ焼き・五平餅 くるみ家
住所:愛知県犬山市犬山西古券60
電話番号:080-5107-6587
営業時間:11:00 ~ 17:00
定休日:不定休

 

■田楽が美味しい!『犬山でんがく 田中豆腐店』

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

昭和横丁をさらに奥に進むと、豆腐屋さんが運営している『犬山でんがく 田中豆腐店』があります。味噌の焼けるいい香りがしてきたらお店はすぐそこ。

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

こちらでいただけるのが『豆腐でんがく』(1本110円)。でんがくに適した豆腐(国産大豆100%)を使っており、注文が入ってから特製の味噌をつけて焼いてくれます。

昭和横丁【愛知県・犬山市】

画像:大橋千珠

両面香ばしく焼いたら、山椒と青のりをふりかけてくれます。

甘口の香ばしい味噌と、ほどよく歯ごたえのある豆腐。アツアツなのでゆっくりいただきましょう。

店内にはイートインスペースもあるので、ぜひ活用してくださいね。

<店舗情報>
犬山でんがく 田中豆腐店
住所:愛知県犬山市犬山西古券60
電話番号:0568-67-1034
営業時間:11:00 ~なくなり次第終了
定休日:無休

 

いかがですか?

今回ご紹介したのは3店舗ですが、昭和横丁にはまだまだ美味しいお店がたくさんあります。犬山城下町に訪れた際には、ぜひ『昭和横丁』に立ち寄ってみてくださいね!

【画像】
※ 大橋千珠