CUCURU(ククル) > ライフスタイル > お城の中にプラネタリウム!? 岐阜・揖斐川町『藤橋城』がおもしろい

お城の中にプラネタリウム!? 岐阜・揖斐川町『藤橋城』がおもしろい

橋城・西美濃プラネタリウム

画像:大橋麻美子

岐阜県・揖斐川町にある『藤橋城・西美濃プラネタリウム』。その名の通り、立派な外観のお城ですが、中ではなんと“プラネタリウム”が楽しめるんだそう!

お子さんでもわかりやすいよう丁寧に解説された“宇宙についての展示”もされているなど、外観からは想像もつかない珍しいスポットです。

紅葉がキレイな今の季節は、お城までの道中も楽しむことができますよ。それでは詳しくご紹介しましょう!

■町おこしのために造られた『藤橋城』

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある『藤橋城』。そもそもは、町おこしのために造られた観光用のレプリカ城です。

当時『藤橋村』だったこの地域で、「村おこしをしよう!」ということになり、南北朝時代に南朝の新田義貞が北朝の土岐氏に対抗すべく建てられた“杉原砦”を模して、このお城が造られたのだとか。

岐阜・い揖斐川町『藤橋城・西美濃プラネタリウム』

画像:大橋麻美子

村の特徴である、“山林の面積が多い自然豊かな土地であること”、“星がキレイな土地であること”から、当初はプラネタリウムのみを造る予定でした。

しかし、よりたくさんの方に訪れてもらいたいという想いから、インパクトのある“お城”の外観にすることに。こうして、『藤橋城・西美濃プラネタリウム』が誕生したんだそう。

 

■約1,000万個の星が瞬く!

岐阜・い揖斐川町『藤橋城・西美濃プラネタリウム』

画像:大橋麻美子

プラネタリウムは、お城の一階にあります。かなり本格的で、直径9.2メートルのドームスクリーンに『メガスター2B』という最新の投映機を使用しています。

メガスター2Bは、およそ1,000万個もの星を映し出すことができるのだとか!

プラネタリウムの投映が始まると、スタッフさんが宇宙や星について丁寧に解説してくれます。

60席ほどの座席が2列で円形に並んでいるので、前後も広々としていてゆったりめ。足を伸ばしても問題ないほどの広さ。

スタッフさんによれば「ここまでのドライブで疲れたお父さんには、寝てもらってもいいと思っているんです。とにかく心地よく過ごしてもらえる空間を目指していますから」とのこと。

 

■わかりやすい展示が魅力!

岐阜・い揖斐川町『藤橋城・西美濃プラネタリウム』

画像:大橋麻美子

二階は、宇宙に関する展示室になっています。

岐阜・い揖斐川町『藤橋城・西美濃プラネタリウム』

画像:大橋麻美子

岐阜・い揖斐川町『藤橋城・西美濃プラネタリウム』

画像:大橋麻美子

展示室には、手作りの木工製の望遠鏡模型や星のキーホルダー、早見表、星の切手、天文関係のフィギュアなど、少し変わった展示も多数。

スタッフさんは「天文というとちょっと敷居が高いイメージですが、もっといろいろな人に天文について身近に感じてほしいと思って作ったので、展示はとても敷居が低いのが特徴です」と語ってくれました。

 

岐阜・い揖斐川町『藤橋城・西美濃プラネタリウム』

画像:大橋麻美子

いかがですか?

ドライブのついでに立ち寄る方も多い『藤橋城・西美濃プラネタリウム』。福井県と滋賀県、そして岐阜県の境にあるので、冬の時期はかなり冷え込みます。12月から3月は休館になるので、紅葉も美しい今がおでかけのピークですよ。

<施設情報>
藤橋城(ふじはしじょう)・西美濃プラネタリウム
住所:岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見332-1
電話番号:0585-52-2611
開館期間:4月1日~11月30日
営業時間:10:00~16:30
休館日:月曜日、火曜日
料金:高校生以上500円、小中学生250円

【画像】
※ 大橋麻美子

※ この記事は、2018年11月時点の情報です。