CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 「ガントチャート」を作ってみよう!夢を叶えるためのスケジュール管理テク

「ガントチャート」を作ってみよう!夢を叶えるためのスケジュール管理テク

働いている女性

画像:kikuo / PIXTA(ピクスタ)

夢を実現させるためには、何をいつやればいいのかしっかり把握する必要がありますよね。

そこで今回は、コーチングと逆算手帳で親子の夢を叶えるお手伝いをしている天木摩紀さんに、“夢を叶えるための逆算思考を使ったスケジュール管理法”をテーマにお話を伺いました。

■やりたいことはプロジェクトにしよう!

今日の出演ママ:天木摩紀さん

画像:CUCURU編集部

夢を叶えるために目標と計画を立て、実際に行動に移そうとしてもなかなかうまくいかないことも。そんなときは、どうするとよいのでしょうか?

「夢を叶えるためには、やりたいことややるべきことがたくさんあると思います。そういったときは、1つ1つを“プロジェクト”として捉えるようにしましょう」

プロジェクトと聞くと、かっこいい感じがしますね。具体的には、どう行動すればよいのでしょうか?

「例えば、私の娘が4月から高校生になり毎日娘にお弁当を作ることになったんです。そこで、どうせやるなら楽しくやりたいと思い“映え弁プロジェクト”を立ち上げました。

画像:Atsushi Hirao/Shutterstock 写真はイメージです

それは、毎日蓋が閉まらないぐらいのお弁当を作ってSNSに投稿するというものです。そして1年後にはフォロワーを500人ほどにするのを目標にしています。

このように、やりたいことはプロジェクト化することで楽しく叶えることができると思いますよ」

 

■プロジェクトは1年3ヶ月で管理しよう

プロジェクトをはじめた後は、そのプロジェクトをしっかり管理していく必要がありますよね。どう管理していけばよいのでしょうか?

画像:nasirkhan/Shutterstock

「やりたいことをプロジェクト化できたら、まず“いつ何をしたらいいのか”を把握しましょう。そこでオススメなのが“ガントチャート”という工程表です。

この工程表を使えば、“どのプロジェクトがどこまで進んでいるのか”や、“いつまでに何が終わっていないといけないのか”を客観的に見ることができますよ。

私の作った逆算手帳では、その工程表が10月から翌年の年末までの計1年3ヶ月分、月ごとに記されています。

最初の3ヶ月である10月から12月までは、練習のようなイメージで使用してください。その後、1月から本格的にプロジェクトを始めていくんです。

すると、それぞれのプロジェクトを実施するためのスケジュールを年間で作成することができますよ」

そのようにして、1年間の計画を立てていくんですね。

「またスケジュールを管理するときには、スマートフォンなどを使用することもオススメです。自分に合ったツールを利用して、夢のためのプロジェクトをどんどん進めてください。

そして定期的にガントチャートを見ながら“いつまでに何が終わっていないといけないのか”を確認してくださいね」

 

いかがでしたか?

1年という期間を常に意識して、大きな夢をつかむ素敵な工程表をみなさんも作ってみてくださいね。

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【11月23日(金)放送】