CUCURU(ククル) > グルメ > いろいろな食感が楽しめる!旬真っ盛り「長芋」を使ったレシピ2選

いろいろな食感が楽しめる!旬真っ盛り「長芋」を使ったレシピ2選

画像:ヤマトライス

調理法によって、いろいろな食感に変化するのが楽しい食材、“長芋”。実は今ごろの時期が旬真っ盛りなんです!

というわけで今回ご紹介するのは、“長芋”を使ったレシピです。それでは作り方を見ていきましょう!

 

■シャキシャキ&モチモチ!「長芋」を使ったレシピ2選

(1)長芋野菜焼き

画像:ヤマトライス

シャキシャキの長芋とシシトウ、ジューシーなシイタケとニンジンがおいしい一品。串に刺すと見た目もよく、食べやすくなります。

下ごしらえして焼くだけなので簡単に作れますよ。

<材料(2人分)>

長芋・・・6cm(70g程)

生シイタケ・・・2枚

ニンジン・・・1cm

シシトウ・・・4個

コンソメスープのもと(粉状) ・・・ひとつまみ

塩コショウと油 ・・・適宜

竹串・・・4本

<作り方>

(1)長芋は水で洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取り、コンロの火でひげを焼く。

(2) 長芋は1cm幅の半月切り、生シイタケは石づきを取り除き半分に。ニンジンは水で洗い、皮を付けたまま5mm幅の半月切りに切る。

(3) ニンジンを耐熱皿に並べ、水(分量外)をひたひたに入れる。コンソメスープのもとを加えてラップをし、600Wで2分加熱する。

(4) 野菜に塩コショウをして竹串に刺し、油を薄くひいたフライパンで両面を焼く。ふたをして1分蒸らしたら火を止めて完成!

見た目が華やかなので、パーティーメニューなどにもオススメですよ。旬の食材をひと品加えてみては?

 

(2)長芋モチモチやわらか汁

画像:ヤマトライス

モチモチした団子を入れたすまし汁です。余った長芋団子は冷凍できるので便利ですよ。

<材料(2人分)>

長芋・・・15cm(180g程)

白玉粉・・・大さじ5~6

<すまし汁>

だし汁 ・・・2カップ

塩・・・ひとつまみ

しょう油・・・小さじ1

三つ葉・・・適宜

<作り方>

(1)長芋は水で洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取り、コンロの火でひげを焼く。

(2)すりおろした長芋に、白玉粉を大さじ1ずつ加えながら混ぜる。

(3)スプーンに乗せて、沸騰したお湯にそっと入れる。弱火で2分ゆで、冷水にひたす。

(4)椀に入れて、熱々のすまし汁を加え、三つ葉を散らして完成!

優しい味わいのすまし汁が、寒い季節の心身をほっと温めてくれます。最後に三つ葉を散らすと、味のアクセントになりますよ。

 

■今の季節においしい新米!『新潟県産こしひかり』

画像:ヤマトライス

日本を代表するお米の品種といえば、やっぱり『コシヒカリ』ですよね。その新米を味わうなら、この『新潟県産こしひかり』がおすすめです。

コシヒカリは艶、粘り、甘さなどがちょうどよく、日本人の口に合うお米です。

そして、豊富な雪解け水と、昼夜の寒暖差の大きさに恵まれた新潟。お米作りに最適な土地で育ったコシヒカリの新米なので、味はお墨付きです。

新米のおいしい季節には、ぜひ『新潟県産こしひかり』を食べてみてくださいね!

今回は“長芋”を使ったレシピをご紹介しました。旬の長芋と新米を食べれば、寒い冬も元気に過ごせるかもしれませんね!

また、ヤマトライスでは「やわらかい玄米」のYマークを集めると必ずプレゼントがもらえる『Yマークを集めよう!!』キャンペーンを実施中とのこと。玄米を食べる方にはとてもお得なキャンペーンですので、気になる方はキャンペーンページをご覧くださいね!

ご意見・質問があればぜひメールでどうぞ→cucuru@yamatosangyo.co.jp

【関連記事】
秋冬におすすめのレシピ
ピッタリな食材もご紹介!「柿」を使った意外にも絶品なレシピ2つ
※ 旬の野菜を大胆アレンジ!?「レンコン」で出来る驚きのレシピ3選
※ ご飯にもトーストにも合う!お財布にも優しい「シメジ」を使ったレシピ2選

【参考】
※ ヤマトライスホームページ
※ ヤマトライス本店

【画像提供】
※ ヤマトライス

Sponsored by ヤマトライス

Recommend今あなたにおすすめ