CUCURU(ククル) > エンタメ > 尚に別れを告げた真司…なぜ!? 金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話を振り返り

尚に別れを告げた真司…なぜ!? 金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話を振り返り

TBSテレビ『大恋愛~僕を忘れる君と』

画像:TBSテレビ『大恋愛~僕を忘れる君と』

金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』について、CBCテレビ・ウォッチャーが、『大恋愛~僕を忘れる君と』のここがイチオシ!という場面を振り返ります。

 

第4話は……尚(戸田恵梨香さん)の元婚約者であり今は主治医の侑市(松岡昌宏さん)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司(ムロツヨシさん)。病院に駆け付けた尚に正直に打ち明け、愛を確認し合った。

しかし、尚は真司に抱きしめられながら、誤って侑市の名前を呼んでしまう。尚が日常生活での失敗が増え、病気の進行を自覚する中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気付く。

 

11月2日(金)に放送された第4話の印象に残った場面は……

■真司の心の葛藤

真司が尚に「別れよう」と伝えた衝撃のラストシーン! 「どんな尚ちゃんも好きなんだ」と言っていたのに、「えー!? どうしてー!?」ってテレビの前で叫んでしまいました。

真司にとって、侑市へのコンプレックスって想像以上に大きかったのかなと。真司がどんなに働いても稼げるお金は限られていて、医師である侑市を越えられず、侑市と違って、医師ではないのでなにもできず、侑市に尚の病気のことを聞きに行っても「家族ではないので……」と教えてもらえず。

そして今回、若年性アルツハイマーなのに診察をしていた疑いを持たれ、厚生労働省の事情聴取をされた尚の危機を救ったのも侑市で、無力な自分に打ちのめされたというか……。

「自分は必要じゃないんじゃないか?」と思ってしまう真司の気持ちも分かりますが、尚は真司に“何かしてほしい”のではなく、“そばにいてほしい”だけなんだと思うんですけどね。

尚にとって真司の“存在”が大事なので、「別れよう」なんて言わないでほしいです。

 

■病気の不安と闘う

買い物をしたことをケロッと忘れてしまったり、ガスを付けっぱなしにしてしまったり、お風呂のお湯を何時間も出しっぱなしにしてしまったりと、日常生活での失敗が増え、病気の進行を自覚する尚。

最近いろんなことが頻繁に起きていることが心配になって侑市の診察を受けに行き、「そんなに突然進行するような病気ではないので、不安になり過ぎることはない」と言われていましたが、尚の不安になり過ぎてしまう気持ち、よく分かります!

病気と診断されると、気持ちが弱りちょっとしたことでも不安になります。筆者も何万人に1人という珍しい病気になり、周りに相談する人もいなかったので、ささいなことで心配になり、なにかあるたびにすぐに担当医に相談をしていました。

尚と同じように「不安になり過ぎることはないよ」と何度言われたことか……。これからさらにアルツハイマー病の症状が進行していくわけですが、尚がどう病気と向き合っていくのか、一緒に闘うつもりで見守っていきたいと思います。

 

■サンドウィッチマンの富澤たけしさんとムロツヨシさんの絡みが絶妙!

シリアスなシーンが多いドラマの中で、引越し屋の会社の先輩・木村(富澤たけしさん)と後輩の真司との会話は、張りつめた緊張感をほぐす瞬間。

2人のシーンは、役というか、本来の姿が出てしまっているような……(笑)。何気に毎回楽しみにしてしまうシーンです。今回は、尚と真司と木村の3人の絡みが見られました。

 

■気になる次回第5話の予告は!?

尚に「別れよう」と伝えた真司。それは尚の病気のことを考えて出した、苦渋の決断だった。尚と顏を合わせたくない真司は、バイト先の倉庫に泊まることに。

メールを送っても真司が待ち合わせに現れることはなく、尚はいつもの居酒屋で一人ぼっち。そして、真司から尚宛の宅配便が届いたある日、真司のアパートからは全ての荷物が撤去されていた。それから9カ月……。

 

■最後に、もう一度、第4話のおさらい!

侑市(松岡昌宏さん)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司(ムロツヨシさん)。病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香さん)に正直に打ち明け、愛を確認し合った。

だが……、尚は真司に抱きしめられながらも、誤って侑市の名前を呼んでしまう。名前を間違ったことに気づいていない尚。“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをするが……。

一方尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけしさん)が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってくる。

真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作『砂にまみれたアンジェリカ』を手渡すのだった。そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気づいて……。

文/テレビ・ウォッチャーCHINATSU

【画像】
※ TBSテレビ『大恋愛~僕を忘れる君と』

Recommend今あなたにおすすめ