CUCURU(ククル) > グルメ > 本格タイ料理!名古屋・栄ラシックに『マンゴツリーカフェ』OPEN

本格タイ料理!名古屋・栄ラシックに『マンゴツリーカフェ』OPEN

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:木村純子

伝統的な本格タイ料理が堪能できる『マンゴツリーカフェ』が、名古屋・栄のラシックにオープンしました!

タイ・バンコクの老舗であり有名店である『マンゴツリー』とライセンス契約を結び、東京を中心に各地に23店舗を展開。

そのなかでもマンゴツリーカフェは、本場タイの伝統的料理が堪能できるカジュアルなレストランなんですよ。

■カジュアルでおしゃれ!

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:木村純子

お店の場所はラシックの8階。吹き抜けに面した明るく開放的な空間にあります。

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:木村純子

入り口にはメニューや食品サンプルが置かれているので、メニューをチェックしてから入ることができます。

フードメニューだけでなく、パフェなどのスイーツメニューも充実。ショッピングの休憩にも立ち寄れますよ。

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:木村純子

48席ある店内は、カジュアルでおしゃれな雰囲気。一人でも気軽に入れます。

 

◼️おすすめランチは『名古屋スペシャル』(税込1,480円)

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:木村純子

ランチのイチオシメニューは名古屋店限定の『名古屋スペシャル』(税込1,480円)。

お店で人気が高い『鶏のガパオ』(単品税込980円)、『センレックナーム』(単品税込970円)、『グリーンミルクカレー』(単品税込1,050円)を一度に楽しむことができる、欲張りで豪華なプレートです。

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:木村純子

米麺を使った『センレックナーム』は、日本では“フォー”という呼び名でお馴染みですが、本場タイでは“センレック”が正式名なんだそう。

タイからは乾麺しか輸入できないため、自社工場を立ち上げて試行錯誤で作り上げたという、こだわりのオリジナル米麺です。もちもちでなめらかな食感ですよ。

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:木村純子

一番人気の『鶏のガパオ』は、粗挽きのジューシーなお肉にスパイスを効かせた本格派。タイバジルの香味が鼻にぬける上品な味わいです。

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:木村純子

グリーンカレーはココナッツミルクではなく、牛乳を使ってライトに仕上げたあっさり味。後からピリッとくる辛味がクセになりそうです。

ボリュームたっぷりですが、それぞれテイストが違うのでペロリと食べられます。野菜たっぷりのサラダなど、お惣菜は季節によって内容が変わりますよ。

 

■単品メニューやスイーツも充実!

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:マンゴツリーカフェ

やわらかく茹でた鶏肉とジャスミンライスを一緒にいただく『タイのチキンライス』(ランチ税込1,100円)をはじめ、単品メニューも充実。

本格派のタイ料理はボリューミーなので、女性だけでなく男性でもきっと満足できますよ。

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:マンゴツリーカフェ

スイーツのおすすめは『マンゴツリーパフェ』(税込850円)。マンゴーアイスとあっさりしたココナッツアイスに、マンゴープリンとフルーツがのったご褒美なパフェです。

ティータイムにはもちろん、食後にシェアしてもいいですね。

 

■ディナーはアラカルトをシェアしよう!

名古屋・栄『マンゴツリーカフェ』

画像:マンゴツリーカフェ

ディナーではアラカルトが充実。あれこれ頼んでシェアするのがおすすめです。

イチオシはタイ名物『丸鶏のBBQグリル』(税込2,800円、ハーフ税込1,540)。シンプルに焼き上げた丸鶏を、特製イサーンソースでいただきます。

 

いかがですか?

『マンゴツリーカフェ』は、16年前から本場のタイ料理を日本で広めたパイオニアです。タイ料理に魅了された代表は現在もタイと日本を行き来し、料理の腕をブラッシュアップしています。本場タイの味をぜひ味わってみてくださいね!

<店舗情報>
マンゴツリーカフェ 名古屋ラシック店
住所:愛知県名古屋市中区栄3-6-1 ラシック8F
電話:052-259-6752
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:ラシックに準じる
駐車場:有(ラシック提携駐車場)

【画像】
※ 木村純子

※ この記事は、2018年11月時点の情報です。