CUCURU(ククル) > グルメ > モンブラン×大福!? 愛知県・岡崎市『旭軒元直』自慢の秋限定和スイーツ

モンブラン×大福!? 愛知県・岡崎市『旭軒元直』自慢の秋限定和スイーツ

愛知県・岡崎市『旭軒元直』

画像:Cafeくろねこ

秋晴れから一転、寒さが増してきましたね。季節の移り変わりと共に、今年の栗活シーズンもあとわずかです。

そこで、既にたくさんの栗を楽しまれた人も、まだまだ美味しい栗スイーツを求めている人にもぜひ食べてほしい一品が!

今回は愛知県岡崎市『旭軒元直(もとなお)』が販売する、栗をまるごと包んだ『モンブラン大福』をご紹介します。

■明治36年の創業以来100年以上続く和菓子店『旭軒元直』

愛知県・岡崎市『旭軒元直』

画像:Cafeくろねこ

贅沢な栗大福が味わえるのは、愛知県岡崎市にある老舗和菓子店『旭軒元直』。現在は4代目が後を継ぎ、岡崎市内に4店舗を構えています。

伝統を大切に、季節感と時代のニーズに合わせた商品展開をしている同店。通年の人気商品はもちろんのこと、その時期だけの季節限定商品が味わえることで有名です。

 

■終了間近!『モンブラン大福』

愛知県・岡崎市『旭軒元直』

画像:Cafeくろねこ

旭軒元直の秋の目玉商品の一つ『モンブラン大福』(税込248円)。工場長に開発秘話を伺いつつ、筆者もいただいてきました。

「何年もかけて作り上げた一品です。大福の生地には刻んだ栗を、中の餡は丸ごとの栗に合う白あんとクリームを。何度も試行錯誤を重ね、あんとクリームの絶妙なバランスにたどりつきました」と語る工場長。

さっそく食べてみると、栗の香りが口いっぱいに広がります! 大福にも関わらず、甘すぎず、それでいて後からじっくりと栗の甘味を感じました。工場長の狙い通り、白あんとクリームベースのあんが見事に調和しています。

旭軒元直では、栗の黄色がきれいな“早生栗”を始めとする、こだわりの栗を使っているため、販売数は毎年限定されます。今季も11月中下旬には販売完了予定とのことなので、早めに購入してくださいね。

 

■まだまだある!栗のお菓子

愛知県・岡崎市『旭軒元直』

画像:Cafeくろねこ

工場長オススメの栗のお菓子はまだまだあります。イチオシは『栗の水羊羹』(税込864円)。夏でもないのに水羊羹?と思われがちですが、地域によっては、寒くなった頃にこたつに入りながら水羊羹をいただく風習もあり、あえてこのネーミングにしたそうです。

栗を1時間蒸しあげ、傷んでいる部分を取り除きながら、一つずつ手作業で中身をくり抜いて作られている水羊羹。栗独特の、口の中の水分を取られる感じがなく、しっとりとしていながら、するすると食べられます。

その他にも、今だけの『栗まん』(税込216円~3,510 円)、『栗ざんまい』(税込5,184 円)、『栗羊羹』(税込2,592円)など、秋の商品が揃っています。

愛知県・岡崎市『旭軒元直』

画像:Cafeくろねこ

購入したお菓子は、本店2階の飲食スペースで食べることもできますよ。

 

いかがですか? 栗活の総括りとして、『旭軒元直』に足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
旭軒元直 本店
住所:愛知県岡崎市康生通東1-2
電話番号:0564-22-0414
営業時間:9:00~19:00
定休日:無休
駐車場:6台

【画像】
※ Cafeくろねこ

※ この記事は、2018年11月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ