CUCURU(ククル) > グルメ > 室内でも簡単に作れちゃう!お酒によく合う「お手軽スモーク」の作り方

室内でも簡単に作れちゃう!お酒によく合う「お手軽スモーク」の作り方

画像:野村純子

“燻製”といえば、キャンプのときに屋外でモクモクと燻したり、何時間もかけて生肉からベーコンを作るイメージですよね。しかし、実は自宅で、しかも室内で簡単にできるのをご存知ですか?

今回は初心者さんでも失敗しない方法で、お酒によく合う“燻製(スモーク)”の作り方をご紹介します!

■準備するものは?

画像:野村純子

画像は市販の燻製鍋、ホームセンターや通販で2,000円台から買うことができます。燻製だけでなく、蒸し焼き料理にも使えますよ。

画像:野村純子

後片付けを楽にするためのアルミホイル、食材を乗せる金網、煙を鍋内に充満させるために穴のない蓋が必要です。

これらをすべて100円ショップで揃える方もいます。一般的な鍋蓋にはたいてい穴が開いているので、ステンレスボウルなどで代用するそう。その場合は鍋から燻煙が漏れないように、サイズ感の合うものを探してくださいね。

 

■約20分で絶品おつまみが完成!

画像:野村純子

それでは作り方です。鍋にウッドチップを軽くひと握り乗せ、金網には食材を乗せて蓋をします。コンロの中火で5~10分ほど加熱すると、甘く香ばしい木の香りとともにうっすら煙が立ち始めます。

そこから約5分、火を消して約10分放置します。その間、換気扇は使用しておきますが、部屋中がモクモクになるということはありません。

画像:野村純子

あらかじめ下ゆでをしておいた鶏胸肉は、スモークハム風になりました。燻す時間は食材の大きさによって前後しますが、トータル20分ほどで赤ワインに合うお手軽スモークのできあがり。

 

■お手軽スモークに合う食材は?

画像:野村純子

キッチンで手軽に始めるなら、ウインナー、既製品ベーコン、ゆで卵、ちくわ、チーズ、刺身などがおすすめ。

基本的にそのままでも食べられるものに、“スモークの風味をつける”と考えれば難しくないですよ。

画像:野村純子

スルメにも燻製味があるように、コンビニやスーパーを見渡せばスモーク商品がたくさんあるので、参考にしつつ試してみてくださいね。

像:野村純子

ビールのアテにゆで卵が出てきたら!?ですが、“くん玉”だったらお酒も進みそうですね。

カマンベールチーズを燻製にするときは、カットして加熱すると溶け出てしまうため、丸ごと網にのせましょう。

 

いかがですか?

ハードルが高いと思っていたスモーク。実は簡単に作れるうえ、独特のうまみが楽しめる調理法でした。

秋の夜長にスモークとワインでパーティー、なんてのも盛り上がりそうですね!

【画像】
※ 野村純子