CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > インベーダーゲームもできちゃう!『飛騨高山レトロミュージアム』がオープン

インベーダーゲームもできちゃう!『飛騨高山レトロミュージアム』がオープン

画像:飛騨高山レトロミュージアム

あと数ヶ月で平成が終わりを告げますが、昭和独特の古き良き雰囲気も忘れられない!という方も多いのではないでしょうか?

そんな懐かしい時代に戻ることができる体験型昭和博物館『飛騨高山レトロミュージアム』が、2018年11月15日(木)に岐阜県高山市でオープンするとのこと!

レトロな雰囲気を“観る!撮る!遊ぶ!”ことができる高山の新たな観光名所について、たっぷりとご紹介します。

■昭和の品々を数多く展示

画像:飛騨高山レトロミュージアム

『飛騨高山レトロミュージアム』は、高山市の市政記念館から南へ徒歩一分のところにあります。

入館料は、大人600円。お子さんは400円ですが、3才以下の方は無料で入ることができますよ。

飛騨・高山『飛騨高山レトロミュージアム』

画像:飛騨高山レトロミュージアム

ミュージアムへ一歩入れば、そこは昭和の世界が広がります。昭和時代の建物をリアルに再現した館内は、レトロな雰囲気が大好きな人にはたまりません。

館内には、オーナーが長年かけて集めたという全国屈指の価値ある昭和の品々が所せましと並び、昭和の街並みを歩いて体験することができますよ。

 

■懐かしのゲームも体験できる!

昭和の懐かしい雰囲気が楽しめる『飛騨高山レトロミュージアム』では、従来の施設のように館内の展示物を観て終わりではありません。

実際にそれらを手に取って遊ぶことができるのも魅力のひとつなんです! 昭和20年代から50年代にかけての、アニメ雑誌単行本やおもちゃで遊ぶことができます。

飛騨・高山『飛騨高山レトロミュージアム』

画像:飛騨高山レトロミュージアム

テーブルゲームコーナーでは、懐かしいスマートボール(無料)やスペースインベーダーなどのゲーム(1プレイ100円)を体験でき、子どもから大人まで楽しめますよ。

飛騨・高山『飛騨高山レトロミュージアム』

画像:飛騨高山レトロミュージアム

ほかにも、瓶コーラの自動販売機(※ 『昭和レトロ瓶ドリンク』150円)や、自分が生まれた日の新聞をプリントできる誕生日新聞(※ 『誕生日新聞印刷』400円)など、いろいろな昭和のレトロを体験することができます。

 

いかがですか?

2019年3月には小学校ブースで、懐かしい揚げパンやソフト麺など、あの頃の給食が食べられる“学校給食体験”もはじまるのだとか。

昭和の懐かしい雰囲気を体験してみたい!という方は、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

<施設情報>
飛騨高山レトロミュージアム
住所:岐阜県高山市神明町4-7
電話:0577-70-8384
営業時間:9:30~17:30
定休日:年中無休(1月1日のみ休業)
入館料:大人600円、子ども400円、3才以下の乳幼児無料

【画像】
※ 飛騨高山レトロミュージアム

※ この記事は、2018年11月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ