CUCURU(ククル) > グルメ > 白鳥庭園を眺めながら抹茶体験!名古屋・熱田『茶寮 汐入』の人気和スイーツ

白鳥庭園を眺めながら抹茶体験!名古屋・熱田『茶寮 汐入』の人気和スイーツ

名古屋・熱田区『茶寮 汐入』

画像:川口めぐみ

紅葉も始まり、いよいよ秋らしくなってきましたね。こんな季節は、ステキな日本庭園を眺めながら一息つきたくありませんか?

そこで今回は、名古屋市・熱田区にある『茶寮 汐入(しおいり)』をご紹介します。美しい風景とともに、おいしい抹茶や和スイーツをいただくことができるんですよ。

■アクセスは?

『茶寮 汐入』は、名古屋市熱田区にある『白鳥庭園内』(入園料300円)の中にあります。

神宮西駅で下車し、4番出口より徒歩10分ほどで到着します。1回300円の駐車場も用意されているので、車でも安心ですよ。

白鳥庭園の中に入ると緑が多くてとても癒されます。道なりに歩いていくと『茶寮 汐入』に到着しますよ。

 

■景色を楽しめるカウンター席がオススメ!

お店の中に入ると券売機があるので、ここで好きなメニューを選んで券を買います。

名古屋・熱田区『茶寮 汐入』

画像:川口めぐみ

窓いっぱいに広がるのは、汐の満ち引きによって移り変わる景色を楽しめる庭園。

時間によって噴水が上がるので、外を眺めてお茶するならカウンター席がオススメです。

 

■人気メニューは?

名古屋・熱田区『茶寮 汐入』

画像:川口めぐみ

『茶寮 汐入』の人気メニューが『お点前(おてまえ)セット』(税込780円)。

美味しそうな抹茶寒天デザートのとなりに抹茶の粉とお湯が運ばれてきて、不慣れな筆者は少し緊張してしまいました。

名古屋・熱田区『茶寮 汐入』

画像:川口めぐみ

お店の方にレクチャーを受け、半分ほどお湯を注いで勢いよく茶筅を振ると細かな泡が。

なかなか自分で抹茶をたてることがないので、このように体験しながらいただけるのは楽しいです。

名古屋・熱田区『茶寮 汐入』

画像:川口めぐみ

デザートの寒天も柔らかで、自分でたてた抹茶といただくと美味しさが際立ちます!

抹茶は京都、デザートは西尾の抹茶を使用しており、味の違いを楽しむことができますよ。

 

■秋限定メニューも!

名古屋・熱田区『茶寮 汐入』

画像:川口めぐみ

秋限定メニューがあるということで教えていただいたのが、『栗みつパンケーキ』(税込780円)。

フワフワでもっちりとしたパンケーキに、栗ソースや栗のアイス、ホイップクリーム、栗がのっている、栗づくしの一品です。この秋限定メニューなので、こちらも見逃せませんね!

 

いかがですか?

白鳥庭園内『茶寮 汐入』のデザートメニューを紹介しました。素敵な庭園を眺めながら、自分でたてる抹茶はさらに美味しく感じます。

11月23日からは紅葉ライトアップも始まるので、ぜひ出かけてみてくださいね。

<店舗情報>
茶寮 汐入
住所:愛知県名古屋市熱田区熱田西町2-5
アクセス:神宮西駅4番出口より徒歩10分
電話:052-681-8928
営業時間:9:30~16:45(L.O.16:15)※ ライトアップ営業時は20:30
定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌平日がお休み)

【画像】
※ 川口めぐみ

※ この記事は、2018年11月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ